【カーシェアリング10個のデメリット】問題点を解決する方法

    『カーシェアリングのデメリットって何?』なかなかカーシェアリングの会社からデメリットの説明をすることはないですよね。カーシェアリングで後悔しないために、考えられるカーシェアリングの問題点10個とその解決法をご紹介します。

 

1.カーシェアリングのデメリット10個

節子
カーシェアリングのデメリットってどんなことがあるんですか?

大きく分けて、10個のことに分類されるよ。どんなデメリットがあるか確認してみてね

 

①月額基本料・距離料金が発生する

②レンタカーのような乗り捨てサービスがない

③予約が埋まっているときがある

④好きな車種を選びにくい

⑤チャイルドシートが標準装備でない

⑥ペットを乗せることができない

⑦喫煙することができない

⑧私物を置くことできない

⑨時間に制約がある

⑩清掃されていない可能性

 

 

 

2.デメリットの解決策

①月額基本料・距離料金が発生する
⇒実質月額利用料が無料になる

節子
実質、月額基本料が無料ってどうゆうこと?

毎月、月額基本料と同じだけ、割引を受けることができるんだ。つまり、カーシェアリングを利用した月は、無料利用分として利用料金から約1000円前後、割り引かれるよ。だから実質月額利用料が無料になるってわけ。

カーシェアリング大手3社のタイムズカレコオリックスそれぞれ同じように、実質月額利用料が無料になる仕組みがあるよ。

 

 

②レンタカーのような乗り捨てサービスがない
⇒利用目的によってカーシェアリングとレンタカーを使い分ける

直接的な解決策にはなっていないけれど、利用目的に合わせてカーシェアリングとレンタカーを使い分けることが大事だよ。

料金を安く抑えたいなら、カーシェアリング。乗り捨てなどのオプションサービスを使いたいなら、レンタカー。カーシェアリングとレンタカーで、できることできないことがあるから使い分けてみてね!

〇カーシェアリングとレンタカーの特徴を比較

カーシェアリング レンタカー
月額利用料 あり
(0~1030円)
なし
貸出・返却時間 24時間可能 ~20時が多い
貸出・予約 ネット予約 ネット予約
電話、店舗
貸出方法 無人 店舗
保険代 0円
(月額利用料に含まている)
必要に応じて加入
(約1000円~)
ガソリン 0円
(月額利用料に含まている)
約130円/ℓ( 満タン返し)
距離料金 約15円/走行距離 不要
車種選択 選びにくい 選びやすい
カーナビ、ETC
タバコ
ペット
(一部例外在り)

(事前に書類等の連絡で可能な場合在り)
乗り捨て
(片道利用)
チャイルドシート
(カレコのみ無料貸し出し実施中)

もっと詳しく見る
【比較】カーシェアリングとレンタカーの違い【どっちがお得か検証】

 

 

③予約が埋まっているときがある
⇒カードを2枚持ちする、早めの予約を心がける

節子
予約が埋まっていると利用したいときに利用できないので困ります…。

そんな時に使えるのが、カードの2枚持ち。つまり、カーシェアリングを2つ使い分けるってこと。普段使うカーシェアリングの予約が埋まっているときには、他のカーシェアリングを利用する方法で、予約ができないことが少なくなるよ。

オリックスカーシェアは月額基本料が0円のプランがあるから、使いたいカーシェアリング会社(タイムズ、カレコ等)+オリックス月額基本料無料プランに申し込むことで、お得に使いこなすことができるね。

それと、早めの予約を心がけることも大切だよ。カーシェアリングはキャンセル料が、約1時間前までならかからないことが多いんだ。迷ったら予約することが大切だね。

〇カーシェアリング会社の比較

タイムズカープラス
オリックスカーシェア
オリックスカーシェア
カレコ・カーシェアリングクラブ
カレコ 新バナー
月会費 1030円 980円
(0円プランあり)
980円
短時間利用 206円/15分 200円/15分 150円/10分
6時間 4020円 3500円 3800円
12時間 6690円 4500円 6300円
24時間 8230円 6000円 7800円
ナイトパック 2060~2580円 2500円 2500円
距離料金
(6時間以内)
無料 15円/走行km 無料
距離料金
(6時間以降)
16円/走行km 15円/走行km 15円/走行km
保険料 不要
(基本料に含まれる)
不要
(基本料に含まれる)
不要
(基本料に含まれる)
ガソリン代 無料 無料 無料
事前予約 2週間前 2週間前 2ヶ月前
予約キャンセル 1分前まで無料 1時間前まで無料 予約開始時間まで無料

カーシェアリング会社をもっと詳しく見る
【カーシェアリング比較】タイムズ・オリックス・カレコ【2017年】

 

 

④好きな車種を選びにくい
⇒カードを2枚持ちする、カレコがおすすめ

乗りたい車種がなかったり、他の人に借りられたり…。そんな時も、カードを二枚もちすることで解決できるよ!特にカレコの車種が50種類もあっておすすめなんだ。ベンツやレクサスみたいな高級車から、ベンツやアクアのような人気な車種まで幅広くあつかっているしね。

 

カレコ・カーシェアリングクラブ 
カレコ・カーシェアリングクラブ
タイムズカープラス
オリックス
カーシェア
オリックスカーシェア
車種数 50種 31種 23種
 車種名 スイフト、
タンク、
ノート、
フィット、
スマートフォー
フォープライム、
iMIEV、
ハリアー、
C-HR、
ジューク
パーソナライ
ゼーション、
XVHYBRID、
エクストレイル、
新型CX-5、
ヴィゼル、
エスクァイア
アルパイン仕様、
ヴォクシー
アルパイン仕様、
ヴォクシー、
シエンタ、
フリード、
新型フリード、
ハチロク、
レヴォーグ、
新型プリウス、
プリウス、
プリウスPHV、
リーフ、
A180、
A180 Sports、
B180、
B180Sports、
CLA180 Coupe、
CLA180 Shooting、
CLA180
Coupe
Sports、
GLA180、
GLA180 Sports、
A3Sportsback、
AMG A45、
ロードスター、
レクサス CT、
レクサス NX、
レクサス IS、
ジューク NISMO、
デリカD:5
アルパイン仕様、
アルファード、
アルファード
アルパイン仕様、
ヴェルファイア
アルパイン仕様、
キャンピングカー
プリウス、
プレマシー、
デミオ、
フィット、
アクア、
ノート、
ヴィッツ、
カローラ
フィールダー、
スイフト、
ソリオ、
i-MiEV、
AD、
NV200
バネット、
ハスラー、
パッソ、
フリード、
N-BOX、
インプレッサ、
ウェイク、
シエンタ、
NV350
キャラバン、
MINI One、
MINI One CR
OSSOVER、
LEAF、
Audi A1、
プリウスα、
セレナ、
CX-5、
ノア、
スバルXV、
VOXY
 アクア、ノート、フィット、フィット HYBRID、フィット3、フィット3 HYBRID、デミオ、ヴィッツ、マーチ、スプラッシュ、スイフト、プリウス 20、プリウス 30、インサイト、カローラ アクシオ、ティーダラティオ、フィット シャトル HYBRID、フリード、フリー HYBRID、ステップワゴン、ステップワゴン5、セレナ ハイブリッド、リーフ

公式HPはこちら  公式HPはこちら 公式ページはこちら

 

 

 

⑤チャイルドシートが標準装備でない
⇒レンタカーと使い分ける、カレコは一部標準装備

節子
カーシェアリングにはチャイルドシートがないと聞きました。

確かにカーシェアリングはチャイルドシートが基本的に装備されてないから注意が必要だね。

もし、チャイルドシートが必要なら、レンタカーにする方法が一番便利かな。カレコは一部の車両に標準装備でチャイルドシートが付いているよ。ちなみにジュニアシートは基本的にどのカーシェアリング会社(タイムズ、カレコ、オリックス)に標準装備されているから安心してね。

 

 

⑥ペットを乗せることができない

⇒レンタカーと使い分ける

これに関しては、カーシェアリングで解決することができないかな。数年前までなら一部のカーシェアリング会社でのみ、既定のかごの中に入れれば、ペットの乗車は大丈夫だったんだけど、今はどのカーシェアリング会社もペットを乗せることが禁止になっているよ。アレルギーや臭いの問題が大きいんだろうね。

ペットを乗せる必要があるときは、ペットの乗車がOKなレンタカー会社で車をかりてね。

 

 

⑦喫煙することができない
⇒レンタカーと使い分ける、オリックスカーシェアはアイコスならOK

節子
喫煙できないのは、喫煙者にとっては大きな問題ですよね。

確かにそうだね。カーシェアリングはほとんどの車で禁煙になっているからね。オリックスカーシェアでは一部の車両のみ、車内でアイコスを使用することが解禁されているよ。

どうしても喫煙したい人は、レンタカーを使用してね。

 

 

⑧私物を置くことできない
⇒標準装備が豊富

私物を置く事ができないですが、その代わりに標準装備でいろいろなものが揃っています。カーナビ、ETC車載器、ジュニアシート、お掃除グッズ等が標準装備でおいてあるんだ。他にも、バックモニターやスタッドレスタイヤが全車両ではないけど、装備されているケースが多いよ。

もちろん、車内にキャラクター等のグッズで装飾することはできないけど、必要最低限のものは置いてあると思って

 

 

⑨時間に制約がある
⇒カレコ、タイムズは時間を多めにとってもおく

制限時間に制約があるのがデメリットと思う人も多いよね。カレコやタイムズはショートなら予約時間を多めにとったとしても、実際に利用した分しか料金を払う必要がないだ。

だから、ギリギリで予約するんじゃなくて、少し余裕をもって長い時間を借りることによって、そこまで時間の制限を気にする必要がなくなるよ。

 

 

⑩清掃されていない可能性
⇒週1回以上の清掃、タイムズポイント制度

 

確かにその可能性はあるんだよね。実際に口コミでも、汚れが気になるなどの声は上がっているし。最低でも、毎週1回はカーシェアリング会社の人が、メンテナンスと清掃をしてくれるけど、直前に利用した人の影響をうけることには変わりないね。

タイムズだけだけど、前の人の清掃がきちんとできているか評価する仕組みがあるんだ。この仕組みがあるときちんしていないことが、本部にばれてるからいい歯止めになっていると思うよ。

 

 

 

3.まとめ

節子
これだけデメリットがあっても、使い方次第でメリットに変わりますね。
つか夫
どんなサービスや物にしてもデメリットがないものなんてないからね。
節子
確かに!か、かっこいいこと言いますね!
つか夫
そんなことないよ。
デメリットがあるものでも、どう使いこなすかが大切だね。
節子
なるほどー。
勉強になりました。
つか夫
是非、カーシェアリングを使いこなして!
あとカーシェアリングのメリットの記事も下に載せたから参考にしてね。

 

〇関連記事
【カーシェアリングのメリット15点】レンタカー・マイカーとの違い

 

 

 

レンタカー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です