実際、みんなの貯金はどのくらい?平均貯蓄額を年齢別に紹介!

貯金 平均

貯金をしていると、平均してどの程度の金額を周りが貯金しているのか、気になりますよね?そこで、今回は年齢別での平均貯蓄額を紹介します。同年代が平均してどれだけ貯金しているのか、一度比較してみてください。

つか夫
見てみて、節子。徐々に貯まってきた、この僕の貯金を!
通帳を見るとにやけちゃうよ?
ほらほら。
節子
おぉ。
少しずつですか、着実に貯まって来ましたね。
つか夫
ふふふ、この調子でバンバン貯金していくよおおお!
ところで、貯金してて気になったんだけど、僕と同じ年代の人ってどのくらいの金額を貯金してるのかな?
節子
良い質問ですね。
周りの人や、同い年の人がどの程度の貯蓄額を持っているのか、知っておくのは大事ですよ。
つか夫
だよねだよね。
自分と比べて、多く貯金してるのか、それとも少ないのか、やっぱり比較する基準が欲しいもん。
ってことで、教えてたもう。
節子
教えるで候~。
毎月の出費が多すぎる?出費額を見直すなら、まずは固定費の節約を!

 

生命保険 相談

 

1.人はなぜ貯金をするのか?貯金をする意味ってあるの?

貯金をする意味

周りの人がどの程度の金額を貯金しているのか知る前に、私たちがなぜ貯金をするかについて一度振り返ってみましょう。

つか夫
なぜって、そっりゃ貯金があった方がいざって時に困らないからだろ?

そうですね、つか夫さんの言う通りです。
長い人生の中では、ケガや病気、自然災害、収入の減額、リストラなどの予測しにくい出来事によって、日常で使う生活費以外のお金が必要になることがあります。そんな時に貯金が無かったら、私たちはすぐに借金生活になってしまいます。

そういったいざという時に備えるというのが、貯金をする大きな意義です。保険に加入するのと意味合い的には似ていますね。

つか夫
あとはあれだね、旅行とか結婚みたいなお金をいっぱい使う時のために貯金するとか!

そうですね。
人生では、大量にお金を使うシーンがいくつもあります。代表的なのは、受験・大学入学・結婚・出産・住宅購入・葬儀など。旅行のようなイベントもそのうちの1つですね。

そういった場面で使うお金を用意するのも、貯金をする理由になります。

お金が無くなった時のリスク回避や、大きな買い物やイベントのための準備など、これらの理由があって人は貯金をするんです。決して意味がないわけではありません。備えあれば憂いなし、です!

 

無料相談で月々に数万円もお得に?

月々に支払う保険料が節約しやすい出費であることをご存知ですか?理由は、必要以上に保障を付ける人がとにかく多いためです。

簡単なアンケートに答えて保険相談(無料)をすると、プロのFPが保険料を見直してくれます!

月々で数万円以上の出費を節約してみませんか?

保険のムダをなくして、固定費を安くする!

生命保険 相談

 

2.年齢別に見た平均貯金額!気になるみんなの貯金はいくら?

貯金 平均 年齢別

では、気になる平均貯蓄額を年齢別で見ていきましょう!平成25年に行われた厚生労働省の国民生活基礎調査の結果をもとに、紹介いたします。

2-1.29歳以下の貯金の平均額は約160万円!

29歳以下の世帯だと、平均貯蓄額は160万1000円です。

つか夫
約160万……!!
もっと少ないと思っていたけど、案外みんな貯金しているんだね……。

そうですね。ただ、29歳以下のおよそ19%の世帯は、貯金が全くないと答えています。3%程度の世帯が3000万円以上の貯蓄があると答えていたので、そちらの金額に引き上げられて平均額も上がっているんですよ。

つか夫
3000万円……ごくり。

ちなみに、29歳以下の世帯で最も多かった貯蓄額は50万円以下でしたよ。

2-2.30代の貯金の平均額は約423万円!

30代の世帯だと、平均貯蓄額は423万2000円です。

つか夫
うおっ、約423万。
30代になると大幅に貯金額が上がるんだね。

そうですね。ただ29歳以下の世帯と同じように、貯金を全くしていない人が約16%います。1000~1500万円貯金している人が約5%、1500~2000万円が約2%、2000~3000万円が約2%、3000万円以上は約1%います。

つまり、30代の約10%の世帯が、1000万円以上貯蓄しているんですよ。

つか夫
うおお……すごいな。
この人たちが、30代の平均貯蓄額を引き上げているんだね。

その通りです。
最も多かった貯蓄額は100~200万円ですね。30代の世帯の約14%がこの貯蓄額ですよ。

2-3.40代の貯金の平均額は約708万円!

40代の世帯だと、平均貯蓄額は707万6000円です。

つか夫
約708万円かー。
僕らもそれくらい貯められるのかなぁ。

40代の約17%の世帯は、貯金がないみたいですね。1000~1500万円貯金している人が約9%、1500~2000万円が約3%、2000~3000万円が約4%、3000万円以上は約4%います。1000万円以上の貯蓄がある40代の世帯が、約20%もいるということです。

つか夫
え、まじで。
まぁ、全体の2割は富裕所得者っていうし、そんなものかぁ。

コツコツと貯蓄している人もいるので、40代になるとそれなりに資産を持つようになるんですね。

ちなみに、40代の世帯で最も多い貯蓄額は500~700万円です。約11%の世帯がこの貯蓄額ですよ。

2-4.50代の貯金の平均額は約1035万円!

50代の世帯だと、平均貯蓄額は1034万7000円です。

つか夫
ついに平均貯蓄額が1000万円を超したね……。
それ本当かなぁ。

どの年代にもいえることですが、やはり富裕層の貯蓄額が大きいので、それに引き上げられて平均額が上がっていますね。なので、金額としては平均になりますけど、人数としてはちょっと怪しいところです。

50代で貯蓄がない世帯は約16%います。1000~1500万円貯金している人が約10%、1500~2000万円が約5%、2000~3000万円が約7%、3000万円以上は約9%ですね。1000万円以上の貯蓄がある50代の世帯が、約30%もいますよ。

つか夫
みんな意外とお金を持っているんだね。
にわかには信じ難いけど、厚生労働省のデータがそういっているんならそうなのかなぁ。
信じられないなぁ、というか信じたくないなぁ。

日本人はお金を貯め込むばかりで使わないと、海外から揶揄されることがありますが、ちょっとそんな気もしてきますね。

50代の世帯で最も多い貯蓄額は、1000~1500万円です。約10%の世帯がこの貯蓄額ですね。皆さん、老後資金を着々と貯め始めている時期だといえますね。

2-5.60代の貯金の平均額は約1399万円!

60代の世帯だと、平均貯蓄額は1399万3000円です。

つか夫
60代お金持ちかよ……。

みんな老後資金を形成してますから、60代だと平均貯蓄額が上がるという感じですね。退職金の影響も大きいですよ。

つか夫
そっか、退職金が入れば貯金も一気に増えるもんね!

それと、60代で貯蓄がない世帯は約15%います。1000~1500万円貯金している人が約9%、1500~2000万円が約6%、2000~3000万円が約9%、3000万円以上は約14%ですね。1000万円以上の貯蓄がある60代の世帯が、約39%もいるんです。

つか夫
退職金を貯金に回せば、確かに1000万円は超えるのかもしれないね。
人数が多くなるのも、頷けるかも。

60代の世帯で最も多い貯蓄額は、なんと3000万円以上です!退職金効果が大きいことがわかりますね。

2-6.70代の貯金の平均額は約1317万円!

最後に70代の貯金について見ていきましょう。70代の世帯だと、平均貯蓄額は1316万9000円です。

つか夫
60代よりも貯金額が減っているね。

平均貯蓄額が60代に比べて減っているのは、年金生活にシフトしていることが主な要因ですね。収入が年金だけになると、足りない生活費を貯金から補いますので。

退職金や年金などがある中でも、貯蓄がない人は一定数います。70代で貯蓄がない世帯は約16%いますね。1000~1500万円貯金している人が約9%、1500~2000万円が約6%、2000~3000万円が約8%、3000万円以上は約11%です。1000万円以上の貯蓄がある70代の世帯が、約34%いるというわけです。

最も多い貯蓄額は、60代と同じで3000万円以上となっています。

3.全く貯金をしていない人の割合はどのくらい?

貯金をしている人がいる一方で、ほとんど貯めていない人もいるのが現実です。

70代までの世帯で、貯蓄がない人はおよそ16%。つまり、25世帯のうち4世帯は貯金がほとんどない状態となっています。

つか夫
約16%の世帯は貯蓄がないのか……。

そうですね。
それだけの割合の人が、資産をつくれずに悩んでいるんです。貯金がないと、いざという時に金銭面での対処ができなくなるため、良い傾向ではありませんね。

4.貯金をつくるためには?

貯金 作る

貯金をつくるためには、やはり現在の支出を見直すことが重要です。収入を増やすことはすぐできませんが、支出は今すぐにでも下げることができます。

今現在、月にどれだけの生活費をかけているのか、どれだけの固定費があるのか、一度書き出してみると良いですよ。項目ごとに支出を書き出すと、どこにムダなお金をつぎ込んでいるのかが見えてくるものです。光熱費や通信費、保険料や自動車の維持費などの固定費も、削減できるものはどんどん見直していきましょう

 

5.まとめ

  • 年齢別の貯蓄額は以下の通り
    • 29歳以下……約160万円
    • 30代……約423万円
    • 40代……約708万円
    • 50代……約1035万円
    • 60代……約1399万円
    • 70代……約1317万円
  • 貯蓄がない世帯の割合はおよそ16%
  • 貯金をつくるには、まずは支出を見直すべき
つか夫
周りの平均貯蓄額よりも、僕の貯金額は低いなぁ……。
よーし、もっともっと貯めるぞ!
節子
周りの人がどれだけ貯金しているのかがわかれば、目標金額も設定しやすいかもしれないですね。
つか夫さん、ふぁいと!
つか夫
うん!
ちなみに、将来のために節子も貯金しているけど、どれくらいなの?
節子
すごいですよ。すごいです。
つか夫
まじで!?
ちょっと通帳見せて見せて!
節子
気が緩むとつか夫さん使っちゃいそうなんで絶対に嫌です♡

アンケートに答えて5000円をGET!

月々に支払う保険料が節約しやすい出費であることをご存知ですか?理由は、必要以上に保障を付ける人がとにかく多いためです。

簡単なアンケートに答えて保険相談(無料)をすると、プロのFPに保険料を見直してもらえるだけではなく、今なら5000円分の商品券がもらえます!

月の出費を節約して、お小遣いも稼いじゃいましょう!

保険のムダをなくして、5000円を手に入れる

 

  生命保険 相談

 

 

 

 

 

保険の見直し相談で損をしないための3つのポイント!無料相談を徹底解説!

 

固定費を見直さないと節約はできない!ムダな出費を削減する17の実践

保険の見直し相談で損をしないための3つのポイント!無料相談を徹底解説!