ヘアアイロン人気おすすめ4選!ストレート・カール・2wayも【2019】

ヘアアイロン アイキャッチ (1)

ストレートやカールといったヘアスタイルが自宅で出来てしまうヘアアイロン。

今回はヘアアイロンの人気商品からおすすめの4商品を紹介します!

上手な使い方や髪が痛まない方法も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ストレート・カール・2wayにおすすめのヘアアイロン4選

商品名 価格 最高温度
KINUJO ストレート:18.000円
カール:14,000円

220℃

モッズ・ヘア ストレート:7,970円
カール:4,093円(25mm)
4,730円(32mm)
2way:6,350円(25mm)
 8,510円(32mm)
ストレート:200℃
カール:180℃
ホリスティックキュア ストレート:12,960円
カール:16,200円
ストレート:200℃
カール:190℃
Nobby by TESCOM ストレート:10,778円
カール:8,618円
200℃

KINUJO

きぬじょ

「シルクプレート」を世界で初めて採用したヘアアイロン!

滑らかなプレートは摩擦を最小限に抑えているので、髪へのダメージが少ないのが特徴です。

またプレートの保湿力には特に優れ、200度の高温状態で水をかけてもその水がゆっくりと蒸発するほど。

髪のパサつきを防ぎ、まるでシルクの様ななめらかな手触りを実現します。

ストレート用の「絹女」はSNSでも話題の商品。2万人の美容師が愛用するほどで、その実力はお墨付きです。カール用の「巻女」は楽天のカールアイロン部門で1位に輝く人気商品。

価格(ストレート)

18,000円
価格(カール) 14,800円
価格(2way)
温度 10段階(最高220℃)
口コミを見る

 

KINUJO公式サイトはこちら!

モッズ・ヘア

モッズヘア

スイッチを入れてから最短30秒で使えるので、朝忙しい人にはぴったりの商品です!

グロスシャインコーティングを使用しているので、滑りが良く髪への負担も最小限に抑えています。

カールアイロンは32mmのほか、ボブなど短めの髪でも使いやすい25mmも登場。

ストレート用、2way、カール用共に海外対応しているので、海外旅行に持って行って現地でもオシャレが楽しめますよ。

価格(ストレート)

7,970円
価格(カール) 4,093円(25㎜)、4,730円(32㎜)
価格(2way) 6,350円(25㎜)、8,510円(32㎜)
調整できる熱さ

ストレート:5段階(120~200℃)

カール:2段階(140℃、180℃)

口コミを見る

とても気に入って今ではほぼ毎日使ってます。
ヘアセットが好きで前使っていたのが壊れて買いましたが、それよりはるかに値段が安いのに物としては前使っていたものよりとても良かったです。

Amazon

すべりが良く、熱くなるのも早いのでヘビロテしてます!髪の毛を挟む部分が強すぎないのも使いやすいポイントだと思います。髪がスルスルとすべりやすいです。いろいろなアイロンを使いましたが、これがいちばん軽くて使いやすく、コスパも良いと思います

Rakuten

モッズ・ヘア公式サイトはこちら!

ホリスティックキュア

マイナスイオンと赤外線を放つ「クレイツイオン」を使用し、アイロンをしながら髪の保湿やダメージケアができる商品です!

使うだけでキューティクルが整い、艶のある美しい髪が手に入ります。高級感のある見た目も人気のひとつ。

ストレート用はサイズ感がちょうどよく、初めての方でも使いやすいのが特徴。

カール用は「とにかく巻きやすい」との声があるように、細かい部分までしっかり巻ける設計になっています。これまで巻くのが苦手だった方でも、驚くほど美しいカールが作れます。

価格(ストレート)

12,960円
価格(カール) 16,200円
価格(2way)
調整できる熱さ

ストレート:5段階(120℃~200℃)

カール:5段階(150℃~190℃)

口コミを見る

 

ホリスティックキュア公式サイトはこちら!

Nobby by TESCOM

ノーバディ

美容室で使用されている業務用ヘアアイロンを、自宅でも使いやすいように改良された商品!

アボカドオイルのコーティングが髪へのダメージを抑えるほか、プロテクトイオンを放出することでまとまりのある艶髪を演出します。

ストレート用は薄型なので、髪の根本までしっかりと入れやすいのが特徴。

カール用は長い髪でも巻きやすく、サロンの様な美しい仕上がりが手に入ります。髪の状態やなりたいスタイルにあわせて、15段階の細かい温度調整ができるのも嬉しいですね。

価格(ストレート)

10,778円
価格(カール) 8,618円
価格(2way)
調整できる熱さ

15段階(60℃~200℃)

口コミを見る

電源を入れてから、ほぼすぐに使えるまでに熱くなります。
髪をはさむ部分も薄くて使いやすいです。
またリピートしそうです。

楽天

使用した感想は、とにかく軽い・髪を挟むプレートがうすいので根元からアイロンをかける事ができる・設定温度が一目で分かる等 とにかく前回まで使用していたアイロンと金額がそれほど変わりないのに、性能はかなり良い商品でした。本体価格も最安値で購入できたので満足しています。

楽天

Nobby by TESCOM公式サイトはこちら!

ヘアアイロンのおすすめな使い方は?

ヘアアイロン アイキャッチ (1)

①ストレートかカールかなりたい髪型によって使うのがおすすめ

アイロンには平たい形状をしたストレートアイロンと円筒上のカールアイロンがあるので、なりたい髪型に合わせてそれぞれを使い分けるのがおすすめです。

ストレートアイロンはプレートの間に髪をはさんで熱を与えることで、まっすぐでサラサラの髪が作れるようになります。まっすぐの髪だけではなく、根本にボリュームを出したり、内巻きのワンカールを作ることも可能です。

まっすぐな髪よりカールヘアが好みという方は、カール用アイロンでヘアアレンジをしてみましょう。カールヘアは巻きの強さやカールの大きさなどで、印象がフェミニンにもゴージャスにも変わります。それぞれのシーンに合わせて、自分にぴったりのカールヘアが楽しめますお。

②髪の長さに大きさを合わせることもおすすめ

ストレートアイロンを使用する場合、髪の長い方は幅が広めのアイロンを使用する方が時間がかからなくて便利です。

カール用アイロンでは筒の太さが19mm、26mm、32mmなどと分かれています。19mmと細めのアイロンはショートヘアなど髪の毛が短い方や、しっかりとしたカールをつけたい方におすすめ。

26mmはボブやミディアムヘアの方に使いやすい大きさで、巻き方次第でしっかりとしたカールもふんわりカールも両方作ることができます。

そしてロングヘアの方におすすめなのが、32mmのヘアアイロン。大きめのふんわりとしたカールを作るのに向いていて、全体的に柔らかくてナチュラルな印象の髪型になります。

③クセが強い人は高温のものもおすすめ

髪の毛のクセが強い方は、最高温度が高いヘアアイロンを使ってみましょう。

温度が高くなるほどクセを直す力が強くなるので、クセの強い髪でも短い時間でストレートにすることができます。

ただ温度が高ければ髪へのダメージも大きくなってしまうのが事実。

負担をなるべく減らすためには、髪にアイロンを3秒以上当てないなど素早く作業することが大切です。また今回紹介したKINUJOやホリスティックキュアのように、髪を保湿してくれる効果のあるヘアアイロンを使ってみるのも良いですね。

ヘアアイロンで髪が痛まない方法は?

髪 綺麗

①シャンプーやヘアオイルなどでヘアケアをちゃんとする

ヘアアイロンは髪に熱を当ててスタイリングをするので、どうしても髪が痛みやすくなってしまいます。ダメージを最小限にする為にも使用前後のヘアケアは必須です。

ヘアアイロンを使用する前は、専用のオイルやミルクなどを髪に馴染ませましょう。こうすることで、高温の熱による髪の痛みを軽減してくれます。

オイルやミルクには髪を保護するのみでなくスタイリングを持続する効果のある商品もあるので、用途にあわせて選んでみてください。

また保湿効果のあるシャンプーを使うなど、日ごろから髪をいたわるのも大切。ヘアアイロンを使用した後のかみはパサつきがちなので、洗い流さないトリートメントなどでケアするのも忘れずに。

②滑らかな「チタン」のヘアアイロンを使う

ヘアアイロンのプレートに使用されている素材は、大まかに「チタン」と「セラミック」に分かれています。チタンは金属素材、セラミックは陶器素材となり、滑らかさでいえばチタンの方がやや優れていると言えるでしょう。

とはいえ同じチタンやセラミックでも商品によって手触りや滑らかさも変わってくるので、できるのであれば実際に手で触って確かめてみると安心です。

③設定温度を低めに使う

ヘアアイロンの設定温度を低めにすることで、髪へのダメージも少なくすることができます。商品によっては200℃以上に設定できるものもありますが、そこまでの高温で使用し続けることはおすすめできません。

ここではストレート、カールそれぞれに適正とされる温度を解説します。

ストレートアイロンで適温とされているのは、150℃~170℃。髪の太さなどによっても適した温度が変わってくるので、使用しながら自分にあう適温を見つけましょう。

ヘアアイロンを2~3秒ずつ当てながら下へスライドしますが、何回も同じ場所にアイロンを当てると痛みの原因になるので注意が必要です。

カールアイロンでは150℃前後が、髪へのダメージも少なくて済むのでおすすめ。ストレートアイロンと同様、何度も同じ場所に当てないよう気をつけましょう。

低めの温度で巻く時は、一度に髪の毛を取りすぎると熱の伝わり方にムラができてしまいます。髪の量やアイロンに当てる時間にも十分注意してみてくださいね。

おすすめのヘアアイロンで憧れの髪型に♡

サロンでセットしたかのような憧れの髪型を、家で簡単に作れてしまうヘアアイロン。保湿機能などを備えた高機能な商品も多いので、用途に合わせて皆さんのお気に入りを選んでみてください。

またヘアアイロンをする前にヘアケアオイルを髪に馴染ませるなど、熱による髪へのダメージ対策も忘れないようにしましょう。

アイロンやヘアケア商品を上手に使って、憧れのヘアスタイルを手に入れてくださいね!