2019おすすめ格安SIM13社徹底比較ランキング!

毎月の携帯料金は家計を圧迫する要因の一つ。

「格安SIMになら節約できるかも…」と思いつつも、選び方がわからない人も多いのではないでしょうか?

ここでは、おすすめ格安SIM13社の比較と選び方を紹介。毎月5,000円以上安くなる場合もありますよ!(つまり来月に先延ばすとまた5,000円損することに…)

格安SIM比較3つのポイント

格安SIMを選ぶポイントは①料金、②速度、③利用通信キャリアの3つです。

格安SIMの選び方1:料金

格安SIMの料金は、利用するキャリアと通信容量で決まります。各社の通信容量ごとの料金は以下で一覧比較していきます。

また、無駄の無い容量のプランを選ぶため「自分は毎月何ギガ必要なのか」を明確にしておく必要があります。

自分は毎月何ギガ使っているのかを確認する方法

iPhoneの場合Androidの場合

1.設定を開き、「モバイル通信」をタップ

2.下にスクロールすると「SIM PIN」の下に合計データ使用量とアプリごとのデータ使用量が表示されています。

この場合1ヶ月35.9GB使っているということになりますね。

※Androidは機種によって表現や手順が異なることがあります

1.設定を開き、「接続」や「ネットワーク」をタップ

2.データ使用量をタップ

3.データ使用量が表示されます。
モバイルデータ使用量をタップで、アプリごとの使用量がわかります。

この場合、1ヶ月13GBつかっていることになりますね。

格安SIMの選び方2:速度で選ぶ

格安SIMは、混雑する昼間の時間帯などで通信速度が低下する場合があります。

昼間はメールやLINE、SNSなど最低限利用できればいいのか?昼間でも動画を快適に見たいのか?で選ぶ格安SIMも変わってきます。

格安SIMの選び方3:利用通信キャリア

格安SIMは大手キャリアの通信網を利用するため、端末もそれに合うものを利用する必要があります。

「自分がどれなら使えるのかわからない!」という人は以下のフローチャートで確認してみてください。

おすすめ格安SIMを料金とデータ容量で比較

厳選11社比較!格安SIMおすすめランキング

おすすめ格安SIM1位:UQmobile

おすすめ格安SIM2位:Y!mobile

おすすめ格安SIM3位:LINEモバイル

おすすめ格安SIM4位:BIGLOBEモバイル

おすすめ格安SIM5位:U-mobile

おすすめ格安SIM6位:楽天モバイル

おすすめ格安SIM7位:mineo

おすすめ格安SIM8位:エキサイトモバイル

おすすめ格安SIM9位:nuroモバイル

おすすめ格安SIM10位:IIJmio

おすすめ格安SIM11位:OCNモバイルONE

おすすめ格安SIMまとめ

格安SIMは種類が多く、特徴も様々。

使う人によって合うSIMも変わってくるので、料金だけでなくスピードや独自のサービスなども考えて、自分にあった格安SIMを探してみてくださいね。