【大学受験】高校生におすすめのオンライン英会話・英会話アプリ比較6選

オンライン英会話 高校生 大学受験 おすすめ

2020年から導入される大学入学共通テストには、スピーキング、ライティングが追加されます。その結果、今後は大学受験対策として高校生のうちからスピーキング、ライティングの勉強をすることが必須になりました。

オンライン英会話、英会話アプリは、新形式のスピーキング、ライティングの大学受験対策にピッタリの勉強法です。

そこで、この記事では大学受験をする高校生におすすめのオンライン英会話、英会話アプリをご紹介していきます!

【大学受験】高校生におすすめのオンライン英会話・英会話アプリ比較6選

大学受験 大学共通テスト 対策 勉強方法 おすすめ

大学受験に新形式としてスピーキング・ライティングが追加されると発表されていますが、これら2つの対策は到底学校だけでは追いつきません。

受験生1人1人が自主学習を行うことが求められることが予想されます。

しかし、塾に加えて英会話教室に通うのは経済的にも時間的にも負担が大きすぎますよね?

そこで、大学受験対策として、高校生におすすめなのが経済的、時間的な負担の小さいオンライン英会話やアプリです。

ここでは、オンライン英会話とアプリのメリットを見ていきましょう!

おすすめのオンライン英会話比較3選

オンライン英会話の魅力は、自宅でネイティブ・ネイティブレベルの講師と英会話ができるというのが最大の魅力です。

そのため、大学入学共通テストから導入されるスピーキング対策

また、オンライン英会話に登録すると、教材が無料で使えるなどの特権もあり、英語学習の場としては最適です。

しかし、オンライン英会話はレッスンをネット回線に依存する形でオンラインで受講するため、回線が悪い場合はレッスンが上手くいかないこともあります。

料金相場としては4000円台から高い場合では1万円を超える場合などバラバラですが、月額に加えて追加料金が発生する(講師を指定する等)場合もあります。

この記事では、その中でも特にリーズナブルなオンライン英会話を3つご紹介したいと思います。

どのオンライン英会話にも無料体験がありますので、気軽に体験してみてください!

Nativecamp

オンライン英会話 高校生 大学受験 おすすめ NativeCamp

ネイティブキャンプではカランメソッドと呼ばれる教授法が採用されているオンライン英会話です。

カランメソッドは外国人講師が英語を教えるには最も有効な方法であると言われており、実に4倍もの速さで英語が習得できるといわれています。

レッスンはレベルと目的別に14コースに分かれており、講師はネイティブ以外にも、アジアで最も英語力が高いといわれているフィリピン人から、日本人まで揃っています。

24時間365日いつでもどこでもレッスンを受けることができるため、自分のスケジュールに合わせて英語力を上げることができます。

月5,950円で無制限にレッスンを受けることができます。ただし、講師と日時を予約する場合には追加料金がかかってしまいます。

ネイティブキャンプ
無料体験申込はこちら!

 

DMM英会話

オンライン英会話 高校生 大学受験 おすすめ DMM英会話

DMM英会話の最大の特徴は、世界120カ国以上の講師が揃っている点です。講師の数は6,500人と言われています。

また、教材の数においてはオンライン英会話業界最多と言われており、その数はトップクラスです。

教材は実に8500以上あり、日常英会話用のものからビジネス英会話、資格試験対策まで、幅広い種類があります。

大学入学希望者学力評価テストに参入予定と言われている英検や、TOEFLといった資格試験対策用教材も揃えられています。

そしてその全てが無料で利用可能です。

料金プランは1日のレッスン数によって変化します。1レッスンだと5,980円、2レッスンで9,880円、3レッスンでは13,980円となっています。

1日3レッスンのプランであれば1回あたりのレッスン料金が150円になるため、まとめてレッスンを受けるとおトクです。

 

DMM英会話
無料体験申込はこちら!

hanaso

オンライン英会話 高校生 大学受験 おすすめ hanaso

hanasoではすべての講師がフィリピン人になっています。そのためか、講師検索では日本語レベルを設定することができるんです。

それぞれ「カタコト」、「簡単な会話」「日常会話」となっており、日本語のサポートが欲しい方でも安心して利用することができます。

また、レッスンの5分前でも予約を取ることができるため、時間に追われている方が特に利用しやすい仕組みになっています。

利用時間は6:00から24:55となっています。フィリピン講師が多いためか、フィリピンの祝祭日・研修日は休講になります。

料金体制は最安で3,800円(週2)となっており、毎日レッスンを受けたい場合は5,800円です。

レッスンを受講する回数に応じて料金が変わるため、忙しい月、忙しくない月によって月額分が無駄にならないのが良いですね。

hanaso
公式サイトを見る

他のオンライン英会話も知りたい方は、こちらの記事も是非ご覧ください↓

関連記事:【2019年】オンライン英会話おすすめランキング【11社を徹底比較】

おすすめの英会話アプリ比較3選

英会話アプリの魅力は、好きなときに好きなだけ勉強することが可能な点です。

オンライン英会話のようにレッスンを予約する必要もなく、講師がいるわけでもないため料金が安くなっている場合が多いです。

実際に料金相場としては、ほとんどのアプリが無料で利用可能です。

ただし、オンライン英会話のほうが英会話に特化しており、英会話アプリだけでは厳密には英会話が鍛えられないことが欠点になっています。

初めからオンライン英会話を利用するには敷居が高い、そもそも下地になる英語力がなくて不安という方は、英会話アプリで1度勉強するというのも手です。

 

スタディサプリENGLISH

スタディサプリEnglishでは、TOEIC対策コース、TOEICパーソナルコーチプラン、日常英会話という3つのコースに分かれています。

レッスンで提供されるのは「会話形式(ロールプレイ)」「ディクテーション(書き取り)」「リプロダクション」「瞬間英作文」などです。

ロールプレイでは会話形式の例文が見れて、さらに音声と、速度変更機能がついています。

そのため、使われた英単語の意味と文法を確認しながら勉強できたり、会話のスピードを上げることでリスニング対策になったりと、幅広い分野の対策ができます。

慣れてきたら英文を聞き取ってそのまま文字に書き起こすディクテーション、同じことを発声して繰り返すリプロダクション、日本語字幕を見ながら英語に訳す瞬間英作文など、

自分の英語力に応じてトレーニング内容を変えることができるため、初心者から上級者までおすすめできるアプリです。

有料アプリとなっていて、月額980円で以上の内容が利用できます。また、14日間の無料期間もあるので、1度お試しで登録してみるのはいかがでしょうか。

スタディサプリカリキュラム
テキスト 84種類以上
レベル レベル1 英検5級程度・TOEIC300点程度
レベル2 英検4級程度・TOEIC300~400点程度
レベル3 英検3級・TOEIC300~400点程度
レベル4 英検2級・TOEIC500~600点程度
レベル5 英検2級程度・TOEIC650点程度
レベル6 英検2級・TOEIC700点程度
レベル7 英検準1級・TOEIC780点以上
プラン

スタディサプリプラン
・中学講座
・高校講座
・大学受験講座
※登録すれば上記全て受けられる

スタディサプリ Englishプラン
・日常英会話コース
・TOEICコース
※それぞれどちらかを登録するかたちになります。

スタディサプリ
コーチングプランを見る

スタディサプリ
日常英会話コースを見る

スタディサプリ
TOEICコースを見る

発音博士

発音博士

このアプリでは、自分の発音が、ネイティブの発音とどう違うのかを教えてくれます。英語を発音・録音して、どこが間違っているのかを点数評価してもらえます。

発音記号レベルでどこがどう違うのかを教えてくれるんですが、実は日本国内では発音記号を使った教材・アプリはとても珍しく、貴重です。

初心者に分かりやすく、日本人向けに作られた教材などでは基本的にカタカナが、英語の発音を表す際に用いられることが多いです。

しかし、英語はあくまで英語であり、カタカナで表せる発音になっていません。

発音記号を理解してその通りに発音できるようになると、自然とリスニング力も上がっていくので、このアプリで発音練習するのが良いでしょう。

発音博士はこちら

発音検索!英語辞典イーモン

英語辞書イーモン

こちらは英語辞典の役割に発音特化の要素を加えたようなアプリです。

よく英語学習していると知らない英単語に出会うことが多いと思います。その時にこのアプリを使えば、発音とセットで英単語を覚えることが可能です。

さらにこのアプリは通知センターに置いておくことができるため、アプリを開かずとも、通知センターでスペルを入力するだけで意味を調べることができます。

単語ごとに音節で区切って表示してくれるほか、アクセントの位置、発音記号も確認できるという至れり尽くせりのアプリになっています。

無料版と有料版に分かれており、有料版は120円になっているんですが、基本的にアプリの英語辞典というのはアプリにしては値段設定が高くなっていることが多いです。

基本的に1000円超えは当たり前です。3000円かかる辞典もあるという英語辞典アプリの世界では、120円という価格設定はかなり安くなっています。

発音を確認・発声すると、目で見るだけの単語学習より遥かに早く・簡単に覚えられるため、このアプリを辞典として活用するのがおすすめです。

英語辞書イーモンはこちら

大学受験の英語にスピーキングテストが追加!?【大学入学共通テスト(大学入学希望者学力評価テスト)】

大学受験 英語 スピーキングテスト 大学入学共通テスト

2020年から導入される予定の大学入学希望者学力評価テストの内容を見ていきましょう。

大学入学希望者学力評価テストとは?

大学入学希望者学力評価テストとは、2014年12月に発表された、新しい大学入試の仮称のことです。現在では「大学入学共通テスト」という名前が正式に定められており、2020年度(令和2年度)から導入すると言われています。

将来的には、教科型の試験であるセンター試験に取って代わる後継と言われています。

【大学入学共通テスト】英語のテスト内容は?

英語の試験には、今までのようなリーディング・リスニングの試験に加えて、スピーキング・ライティングの試験が追加されるようです。

受験生は今までよりも深い英語力が求められる試験形式になることから、文部科学省は学習塾・予備校にスピーキング・ライティング対策に対応するよう呼びかけています。

また、試験の結果は今までのような点数方式ではなく、語学力の国際規格(CEFR)に基づきレベル別に段階別で分ける評価方式に変わるなど、抜本的な改革が行われる予定です。

さらにその内容は民間企業に委託される可能性が高いです。

文部科学省は既に英語科目には英検やTOEIC、TOEFLといった民間の検定試験を活用する方向になっており、2回まで受験可能であるという案を軸に検討を推し進めているためです。

また、「大学入試英語成績提供システム」と呼ばれる、民間企業など一定の評価が与えられた資格・検定を利用することをより具体化するためのプログラムが設けられており、参入業者を募集するなど、ほとんど民間企業への委託が確定していると考えられます。

参入予定の民間試験のスピーキングテスト内容比較一覧

2018年3月26日、文科省が正式に「大学入試英語成績提供システムへの参加要件を満たしている資格・検定試験」を発表しました。これによると、ケンブリッジ英語検定、実用英語技能検定(英検)、GTEC、IELTS、TEAP、TEAP CBT、TOEFL iBT、TOEICの7つが当てはまっていると公開されています。2019年7月現時点ではこれが最新の発表になっています。

しかし2019年6月3日から7月1日までに参加を希望する資格・検定試験はたった1つ、ケンブリッジ英語検定のみであり、現時点ではケンブリッジ英語検定のみが参入予定です。

さらに、TOEICが公式に「大学入試英語成績提供システム」への参加を中断することを発表しており、実質6つが参入予定の見込みです。

TOEICの参入はほとんど考えにくいですが、例外措置対象の試験としてはTOEICが含まれるようです(詳細は現段階で未発表)。

ここではTOEICを除いた6つのスピーキングテスト実施検定試験の内容と受験料を比較したいと思います。

  受験料 内容
ケンブリッジ英語検定(A2 – C2) ¥9,720 – ¥25,380 面接形式で質疑応答、プレゼン、ディスカッションを行う
TOEFL iBT $235 あるトピックについて述べる、聞いた音声を要約する
IELTS ¥25,380 面接形式でスピーチと、その内容についてディスカッション
GTEC(2種類) ¥6,780 または ¥9,720(CBT) 面接形式で質疑応答、CBTはスピーチ
TEAP ¥15,000 面接形式で質疑応答、スピーチ
TEAP CBT ¥15,000 質疑応答、テーマに沿って話す、矛盾点指摘課題
英検(3級 – 1級) ¥4,900 – ¥9,500 面接形式で質疑応答、1級のみスピーチ2分と質疑応答

スピーキングテストの内容としては、そのほとんどが面接形式で質疑応答を行います。

スピーチをするテストでは面接官からトピックが指定され、それについて話さなければなりません。

トピックは基本的には日常生活から選ばれる傾向にあるため、難易度はそれほど高くありません。

例えば、自分の友達と、どれだけ仲が良いのか、何故その友達が特別なのかを話すといった内容です。

英検1級は少し例外で、「安楽死に賛成か反対か」「死刑制度についてどう思うか」「動物実験に対する自分の意見」といったトピックになっています。

さらにその準備時間は1分ほどしかなく、基本的に賛成か反対を述べ、その理由を3つ挙げ、さらに2分間ですべて話さなければなりません。

その後スピーチの内容に対して面接官と質疑応答を行う等、スピーキングテストにおいては最難関と言われています。

参入見込み業者のほとんどが面接形式の質疑応答のため、質問に対して英語できちんと返事をする練習が必要です。

また、相手が何を言っているのかをしっかり理解できるリスニング力も重要になってきます。

スピーチテストの対策も兼ねて、日頃からニュースをチェックし、さらに自分の意見を述べる練習を行うとより効果的です。

たまくわ
Webライター。英語学習経験15年以上・留学未経験・純ジャパで、海外ドラマや英語学習アプリといった教材を活かし英検1級を取得。これらの経歴から、日本人目線で分かりやすい記事を書くことを心がけています。
このライターの記事を読む

ABOUTこの記事をかいた人

Webライター。英語学習経験15年以上・留学未経験・純ジャパで、海外ドラマや英語学習アプリといった教材を活かし英検1級を取得。これらの経歴から、日本人目線で分かりやすい記事を書くことを心がけています。