ドコモ光のおすすめプロバイダを26社から比較!

ドコモ光はドコモ携帯のユーザーなら1人あたり毎月1,000円おトクになるため検討している人も多いのではないでしょうか?

そこで出てくるのが、「プロバイダをどこにするのか?」という問題。

ここではそもそもプロバイダって何?という人でもわかるプロバイダの選び方と、おすすめのプロバイダを紹介します。

そもそもプロバイダをしっかり理解する必要は無い

「プロバイダって何なの?」という方はプロバイダについて理解する必要はありません。

ドコモ光では、プロバイダがセットになったプランがあり、そちらを契約するだけでWi-Fiを使うことができます。

セットプランを提供している中で一番おすすめのプロバイダがGMOとくとくBBです。

ドコモ光おすすめプロバイダ1位
GMOとくとくBB

ドコモ光おすすめのプロバイダ1位はGMOとくとくBBです。

キャッシュバック額、速度、料金、サポート等全てが最強です。

GMOとくとくBBのおすすめポイント

  1. キャッシュバック額が35,000円分と一番高額
  2. 速度に得に力を入れている
  3. 無料のレンタルルーターの性能が最高
プロバイダ GMOとくとくBB
戸建て料金 5,200円
集合住宅料金 4,000円
速度 最速
キャッシュバック 35,000円分
無料レンタルル-ター 有(高性能)
訪問サポート 初回無料
電話リモートサポート

ドコモ光の契約で35,000円分のキャッシュバック

GMOとくとくBBで契約すると、15,000円ものキャッシュバックと10,000円分のdポイントがついてきます!

キャッシュバックそのものが存在しない光回線もあるので、とてもお得感がありますね。

工事費が無料になる

光回線を使うための工事にかかる費用は40,000円近くなることも。

ですが今ドコモを契約するとこの工事費が無料になるんですね!

ドコモ光おすすめプロバイダのGMOは速度が一番速い

速度については特に力を入れていて、万が一遅い場面が現れた場合にはポイントプレゼント制度を行っているほど自信をもっています。

インターネット回線で一番重要な回線速度にも特に力を入れているのでとても安心して利用ができますね。

無料で提供されるルーターが最強スペック

無料のレンタルルーターを貸し出ししているプロバイダは他にもありますが、GMOとくとくBBはレンタルルーターの性能も最高スペックなんです。

他のプロバイダから提供されるレンタルルーターは、大体3,000円~8,000円相当のルーターが多いですが、GMOとくとくBBのレンタルルーターは18,000円相当の高性能ルーターを無料で貸し出ししているんですね。

PCのセキュリティソフトが無料でついてる

GMOとくとくBB限定特典としてセキュリティソフトの「マカフィーマルチアクセス」が年間6,000円のところ1年間無料で利用できます。

セキュリティに関しても、GMOとくとくBBであれば安心です。

ドコモ光でプロバイダ別のプランはこんなに損

【2年間の総支払額】GMOとくとくBB 

戸建て  :5200円×24ヶ月-40000円(キャッシュバック)=84800円 

マンション:4000円×24ヶ月−40000円(キャッシュバック)=56000円

【2年間の総支払額】Yahoo!BB(プロバイダ別契約)

戸建て  :(4,200円+1,200円)×24ヶ月=129,600円(総額44,800円損)

マンション:(3,800円+950円)×24ヶ月=114,000円 (総額58,000円損)

キャッシュバックと月額料金の両面で、プロバイダ別のプランは選ぶ意味が無いことがわかります。

おすすめプロバイダ2位以降も見る

ドコモ光おすすめプロバイダ2位

プロバイダ Plala
戸建て料金 5,200円
集合住宅料金 4,000円
速度 最速
キャッシュバック 15,000円
無料レンタルル-ター 有(中性能)
訪問サポート 初回無料
電話リモートサポート

ドコモ光おすすめのプロバイダ2位はPlalaです。

Plalaの特徴としてはセキュリティに力を入れている点にあります。

上位のプロバイダと比較してセキュリティソフトの無料期間が1年間長く提供されています。

セキュリティソフトの年間の利用料を考えると、5,000円以上は間違いなくお得なんですね。

少しでもお安く、安心快適なネットライフを過ごされたい人におすすめのプロバイダです!

ドコモ光おすすめプロバイダ3位

プロバイダ BIGLOBE
戸建て料金 5,200円
集合住宅料金 4,000円
速度 最速
キャッシュバック
無料レンタルル-ター 有(中性能)
訪問サポート 初回無料
電話リモートサポート

ドコモ光おすすめのプロバイダ3位はBIGLOBEです。

BIGLOBEの特徴として挙げられる点は会員優待サービスを利用できる点です。

BIGLOBEの会員優待サービスは、優待対象施設やサービスを会員優待割引額で利用できるようになります。

優待施設は宿泊施設が国内約20,000か所、レジャー施設が約700か所と全国約20万か所で利用可能です。

しかも個人だけではなく、家族も優待サービスを利用できてしまうんですね。

速度や料金に関しては上位2プロバイダと引けを取りませんが、キャッシュバックが無い点が気になります。

ドコモ光のプロバイダの選び方

ドコモ光には上記の24社からプロバイダを選ぶことになります。24社もあるとさすがに1つ1つを調べて選ぶというのは難しいですよね。

そこでここではドコモ光のプロバイダを選ぶ上で重要となるポイントをいくつか挙げていきます。

プロバイダを選ぶときにどこを見ればいいのかという点を明らかにしていきましょう。

キャッシュバック額

「キャッシュバック」はドコモ光に新規契約などによって受け取れるキャンペーン特典を指します。ドコモ光でキャンペーンが実施されていることもあれば、プロバイダが独自に行なっているものもあります。

そのため、プロバイダによってキャッシュバックの有無や金額が異なります。

プロバイダによっては数万円のキャッシュバックが用意されていることもあり、それを合計するとかなりお得になるので、ある意味月額料金よりも重要かもしれません。

料金

プロバイダによって支払う料金にも差があります。ドコモ光では、プロバイダによってタイプA/タイプBという料金プランに対応しており、プランによって月額料金も異なれば、プロバイダが独自に行なっている割引額にも差が出てきます。

料金について考えるときには

  • 初期費用(工事費、契約事務手数料)
  • 月額費用(基本料金)
  • 解約費用(契約解除料、工事費の残債)

などの総額を比較するほうが効果的です。

例えば、工事費も一括で支払うこともあれば、分割で支払うこともあります。

分割払いの場合、毎月支払う月額料金から工事費分が割引となったり、基本料金への割引などもあります。

月額料金だけを比較するのではなく、一定期間でどれぐらいの金額を支払うことになるのかを基準に考えていくといいでしょう。

速度

基本的に回線の速度は「回線事業者」に依存するためプロバイダによって違いが生まれることはあまりありません。

ただし、プロバイダによって最新のインターネット・プロトコル「IPv6」へ対応しているかどうかが異なり、これによって速度に差が生まれることがあります。

従来の「IPv4」にしか対応していないのか、「IPv6」対応なのかは重要な基準となります。

おすすめは通常時はIPv6で通信を行いながらも、従来のIPv4での通信も可能とする「IPv6 over IPv4」に対応しているプロバイダです。これによって混雑する時間帯であっても速度をさせることができます。

「IPv6 over IPv4」に対応しているプロバイダはこちら
  • ドコモnet
  • plada
  • GMOとくとくBB
  • @nifty
  • DTI
  • BIGLOBE
  • ANDLINE
  • Tigers-net.com
  • hi-ho
  • SIS
  • ic-net
  • OCN
  • @TCOM
  • @ちゃんぷるネット

そもそもプロバイダって何?

そもそもインターネット回線における「プロバイダ」って何なのか正確に理解しているでしょうか。サービスを選ぶときに、プロバイダについて理解していなくても契約できてしまうところが多く、わざわざ調べる必要がないため知らない人も多いのでしょう。

まず第一にインターネットサービスには「回線事業者」と「プロバイダ」の2つ役割があります。

「回線事業者」というのは、ドコモ光やau光といったようにインターネット回線を提供している事業者を指します。光回線であれば「光ファイバー」を提供します。

そして、「プロバイダ」は回線事業者が提供しているインターネット回線に利用者が接続できるようにする役割を担っています。

イメージ的には「回線事業者」→「プロバイダ」→「利用者」という構図になります。そのため、利用者は回線事業者とプロバイダのそれぞれに契約をする必要があります。

ただ、サービスの中には回線事業者とプロバイダとの契約を一本化しているところが多く、役割が分かれているとはいっても利用者にとって複雑な仕組みにはなっていません。

回線事業者とプロバイダについて、分かりやすい事例を挙げるとこのようになります。

【WiMAX】

回線事業者:UQコミュニケーションズ

プロバイダ:リンクライフ、ニフティ、ビッグローブなど

そして、ドコモ光では24社のプロバイダから好みに合わせて選ぶことができます。

24社と数は多いのですが、自分に合ったサービスを選べるという点でメリットがあります。

【ドコモ光プロバイダ一覧】

  • ドコモnet
  • plada
  • GMOとくとくBB
  • @nifty
  • DTI
  • BIGLOBE
  • ANDLINE
  • Tigers-net.com
  • エディオンネット
  • excite
  • hi-ho
  • SIS
  • ic-net
  • SYNAPSE
  • Rakutenブロードバンド
  • @ネクス
  • TiKiTiKi
  • COARA
  • OCN
  • @TCOM
  • TNC
  • AsahiNet
  • wakwak
  • @ちゃんぷるネット

まとめ

ドコモ光のプロバイダは総合的に見ても「GMOとくとくBB」がおすすめです。

やはりキャッシュバック特典の充実ぶりは他のプロバイダと大きな差を生んでいます。

その他にも無料で無線ルーターをレンタルできたり、セキュリティソフトが無料で利用できるなどメリットが盛りだくさんとなっているので、ドコモ光のプロバイダを選ぶときはGMOとくとくBBを最初に見てみましょう。

狂乱御宅
ガジェットと車が大好きなWebライター。これまでに買ったスマホは100台以上。所有する車はマツダRX-7。
このライターの記事を読む