【2018年最新比較】自宅の無線LAN契約おすすめ5選!

無線LAN 比較

ネットの事って専門用語が多くてよく分からないことが多いですよね…。

そこで、自宅に無線LAN/wifiを用意してネット環境を整える人のために!2018年最新の比較で、おすすめ回線会社を5つに絞りました。

安い無線lanはどこなのか?どこから契約すべきなのかまで体験談を含めつつ、専門用語少なめで解説します。

【2018年】自宅で契約する無線LANおすすめ5選!

無線LAN 比較

無線LANを選ぶときは、携帯会社と連携して使用料金を割り引くサービスをどこも行なっているため、自分が使っている携帯キャリアで選ぶのが正解です!

ネット回線 価格比較表
サービス名
割引後
月額料金
キャッシュバック
スマホ割
BIGLOBE光
1,839円
4,080円 25,000円+工事費12,000円割引
-1,200円
auひかり
1,017円
3,800円
38,000円+工事費30,000円割引
-1,200円
ソフトバンク光
1,287円
3,800円
32,000円
-1,080円
ドコモ光
1,538円
4,000円 5,500円+dポイント20,000円+wifiルーター無料貸出
-1,400円
Wimax
1,726円
2,726円
初期費用18,857円割引
-1,000円

▽価格比較について詳しくはこちらから▽

記事内リンク:ネット料金ってどれくらいなら安いの?に答える料金比較表!

【2018年】無線LANおすすめ5選
携帯会社 おすすめ回線 ポイント
au

BIGLOBE光

無線LAN 比較
  • 3F以上のマンション可
  • スマホとのセット割あり
  • 最大55000円キャッシュバック
au

auひかり

無線LAN 比較
  • 契約の自動更新がないから安心
  • スマホとのセット割あり
  • 最大50000円キャッシュバック
softbank

ソフトバンク光

無線LAN 比較
  • 対応エリアが日本全土広い
  • スマホとのセット割あり
  • 最大28000円キャッシュバック
docomo

ドコモ光

無線LAN 比較
  • 無線LANルーター無料プレゼント中
  • スマホとのセット割あり
  • 最大22000円キャッシュバック

au

どこでも

Wimax

wimax
 

  • 工事不要でどこでも使うことが出来る
  • auとのセット割引あり
  • 最大32,400円キャッシュバック

auユーザーにおすすめ!「auひかり」と「BIGLOBE光」

auの携帯を使っている人は、携帯の割引を使おうとすると「auひかり」か「BIGLOBE光」の二択になります。

このうちどちらがおすすめかと言うと、ズバリ「auひかり」です。

但し、「auひかり」は現在3階以上の建物には対応していない場合が多いためそこをよく確認してください。

auひかり

こちらはKDDIの正規代理店の顧客満足度No.1auひかり申し込みサイトです。

auひかりは他に比べてキャッシュバックが大きく、携帯代金の割引も500~1,200円とかなり大きいです。

そして何より、一定期間の継続利用を前提に初期工事費用が無料になるキャンペーンが魅力的です。額にして30,000円ほど。

但し対象住居が3階以下の場合が多いので、もし対象でなければ次に紹介するBIGLOBE光に申し込みましょう。

BIGLOBE光

「BIGLOBE光」はauの携帯を使っているとかなりお得。回線は光回線を使うため、3階以上の建物でも安心して申し込む事が可能

また、このページから申し込む場合は高額キャッシュバックを受けられるだけでなく、2年契約でもキャンペーンの適用がある事が魅力です。

マンションなどの賃貸契約は多くが2年契約のため、3年契約を結ぶと退去時に違約金を取られてしまい結局割高になる事もあるため、要注意です。

もちろん初期工事費用に対しても割引が適用されますよ。

softbankユーザーにおすすめ!「ソフトバンク光」

ソフトバンク光

ソフトバンクの携帯を使っている方にはコチラがおすすめです。携帯代金の割引を毎月1,000円ほど受ける事が可能です。

また、今だけ11月10日〜20日までキャッシュバック2,000円増額キャンペーンを行なっています!

申し込みから開通まで工事を含めるとおよそ一ヶ月かかるのが平均的ですが、その間ネット環境がないのは辛いですよね。

こちらでお申し込みだと申し込みから3、4日でWifi機器の無料貸し出しをしてくれます。コンセントに差し込むだけでWifi環境の整うSoftBankAirかポケットwifiのいずれかを利用できます。

docomoユーザーにおすすめ!「ドコモ光」

無線LAN 比較

ドコモの携帯を使っているなら「ドコモ光」で間違いないです。携帯代金の割引も1,400円ほどつく可能性があります。

特にドコモの場合は長期契約に強いです。ホームタイプで契約するならキャッシュバックもかなり大きいのでぜひここで契約したいところ。

2年契約になると途端にキャッシュバックが5,500円まで落ち込みますが、dポイントの還元で20,000円受けられるため問題は少ないです。

どこでもwifiを使いたい?Wimaxがおすすめ!

無線LAN 比較

キャッシュバック分を考えない単純な月額使用料ではWIMAXが最安値になります。外でも使えるモバイルルーターというやつですね。

実は固定回線とモバイルルーターでは、固定回線を有線で繋いで使わない限り、すなわちWifiとして使うなら速度はほぼ同じと言えるんです。

但しWIMAXの場合は通信量無制限の契約を結んだとしても、必ず「三日間で10GBまで」などの制限がかかるため、複数人で使ったりかなりヘビーな使い方をする人は避けるべきでしょう。

また、auの携帯のみ1,000円割引の適用があります。通信制限と使用場所さえクリアならこれで問題ありません。

無線LANってどうやって選んだらいいの?

無線LAN 比較

「どの会社も問題はなさそう。自分は何を基準に選べばいいの?」に専門用語なしでお答えします!

スマホの携帯会社に合わせるのが正解!

結論からいうと、自分のスマホの携帯会社に合わせたキャンペーンがある会社にするのが正解です。

どの会社を選んでもキャンペーン、割引とキャッシュバックがあるのが当たり前の状況です。

au、ソフトバンク、ドコモのそれぞれが提携している会社があり、毎月1,000円以上の割引がつくため必ず利用すべきです。

ネット料金ってどれぐらいなら安いの?に答える料金比較表!

ネット料金って調べようとすると用語がたくさんでよく分かんない…、ということ多いですよね。

ここでは単純に価格だけ比較してみました!割引は条件によって変わるので、月額料金も参考にしてください。

ネット回線 価格比較表
サービス名
割引後
月額料金
キャッシュバック
スマホ割
BIGLOBE光
1,839円
4,080円 25,000円+工事費12,000円割引
-1,200円
auひかり
1,017円
3,800円
38,000円+工事費30,000円割引
-1,200円
ソフトバンク光
1,287円
3,800円
32,000円
-1,080円
ドコモ光
1,538円
4,000円 5,500円+dポイント20,000円+wifiルーター無料貸出
-1,400円
Wimax
1,726円
2,726円
初期費用18,857円割引
-1,000円

携帯会社でいえばauが圧倒的にお得にネット環境を整えることができますね。

また、自宅に無線LANを整えるなら「auひかり」が最安値だと分かりました。

さらに今回の想定で行くと、基本的な月額でのネット料金は7,500円程度が相場と考えられます。

これを超えるようならプランの見直しをすべきです。

各値の算出方法はコチラ。

※今回の想定※マンションタイプ2年契約、ネットのみ、携帯は20ギガ契約

割引後の価格算出方法月額料金−(現金キャッシュバック合計÷24ヶ月+携帯代金の割引)

月額ネット料金指標の算出方法携帯代6,000円+ネット回線料金2,700円ー携帯割引1200円。携帯本体の端末料金は想定に含めないものとして計算。

どこから申し込むのがお得なのか比較しよう!

どこの会社がお得なのかは大体わかったけど、どこから申し込めばいいのか?

分かります。ネットから申し込むのって何だか不安ですよね。

しかし実は、無線LANの契約はネット経由がいちばんお得なんです。

まず、店頭での契約では人件費と手数料が取られやすいです。その点で店頭の場合のキャッシュバックは少なくなりがちです。

また、対面でよく分からないことを喋られると鵜呑みにしてしまう人も多く、条件が良いように思えても実は余計なオプションを契約させられることもあります。

しかしネット経由の場合は余計なことを吹き込まれる心配はありません。さらに契約先と自分との直接取引なので人件費もかかりません。

会社側としてもネット経由で申し込みをしてもらう方が時間もかからず、手間もないため好都合なので、ネット経由限定のキャッシュバックキャンペーンがある事が非常に多いです。

【実体験】家電量販店,携帯会社,ネット経由の比較

実際に私は2018年11月に引越しをするにあたり、無線LANの契約をどうするか悩んでいました。

そこで家電量販店、携帯会社に突撃し、どこが最もお得なのか。実際どれぐらいの差があるのか調査しました。

結論を言うと、ネット経由の申し込みがおすすめです。

①家電量販店で契約をするメリットとデメリット

携帯キャリアの乗り換えを含めて最も適切なプランはどの会社なのか親身に相談に乗ってくれました。また、10,000円分ポイントバックをいただけるというお話でした。

しかし数名の担当者に代わる代わる話されるので、人によっては断る事ができない状況ではないでしょうか。私は5名ほどとお話しました。

さらに、後から気がついたのですが組まれていたプランが3年契約のプランでした。人と話していると気をつけたいポイントもするっと落ちてしまいがちなので、注意が必要です。

家電量販店で無線LANの契約をする場合
メリット デメリット
  • 携帯会社が複数あるため、乗り換えを含めてプラン検討できる
  • 携帯会社に所属しないプロの客観的おすすめを聞くことが出来る
  • 家電量販店のポイントバックを受ける事ができる
  • 直接顔を合わせるため、手早く無駄なオプションを付けられることもある
  • ネット経由に比べてキャッシュバックがかなり少ない
  • その場で契約しなければならない雰囲気がある

②携帯会社(キャリア)で契約をするメリットとデメリット

当然といえば当然ですが、その携帯会社で契約する事が前提のため、他の2つで契約する場合に比べてそもそもの選択肢が少ないです。

また携帯代金の割引が主な特典として用意されていますが、これは正直どこから申し込んでも割引されるのが当然なのでメリットにはなりにくいです。

他の携帯会社から乗り換えることを決めて訪れれば組み合わせた割引もあるようですが、なかなか複雑でした。

携帯会社で無線LANを契約する場合
メリット デメリット
  • 携帯のプランの見直しを一緒に行う事が出来る
  • 携帯代金の割引申し込みをその場でしてもらう事が可能
  • その携帯会社で契約する事が前提のためプランの選択肢が少ない
  • 基本的に携帯代金割引のみで、乗り換えでなければキャッシュバックなどのキャンペーンは無い

③ネット経由で契約をするメリットとデメリット

ネット経由はとにかくキャッシュバック額が大きく数も多いです。

自分で比較して適切なものを選ぶ事ができさえすれば、ネットから申し込むのがいちばんお得で確実でしょう。

ネット経由で無線LANを契約する場合
メリット デメリット
  • 自分で心ゆくまで調べたり、時間をおく事ができる
  • オプションを勝手に付けられたり、把握していない契約を結ぶ危険性が低い
  • ネット経由限定のキャッシュバックキャンペーンが多い且つ多額
  • 自分で比較検討するのが手間
  • 専門用語が多く理解するのが難しいためなかなか適切なものを選びにくい

自宅で無線LANを使うカンタン3STEP

無線LAN 比較

自宅でwifi/無線LANを使いたいときにしなければならないことは3つです。

自宅で無線LANを使うカンタン3STEP

  1. ネット回線の有無をチェック
  2. ネット回線と契約する
  3. WifiルーターをスマホやPCにつなぐ

①ネット回線の有無をチェック

引越しのタイミングなどで自宅の無線LANを整えたい方は、まず引越し先にネット回線が通っているか確認しましょう。

「めでたく回線が通っていた」? でも要注意です。

インターネット回線が引いてあってもインターネットを使うためにはプロバイダーと呼ばれるネット会社との契約が必要です。

回線があったら使い放題、とはいかないんですね。

ここで使っているプロバイダーの名前が出てくれば、②を飛ばして③で構いません。

②ネット回線(プロバイダー)と契約する

インターネット回線がなかった場合や、回線は通っていてもプロバイダーと契約していなかった場合に必要な手順です。

自分の使っているスマートフォンの会社や、動画を見るのが好きなのか、対して使わないのかなど使い方に合わせてプロバイダーを選びましょう。

2018年のおすすめプロバイダーはコチラを参考にしてくださいね。

サイト内リンク:【2018年最新比較】無線LAN契約おすすめ5選

③wifiルーターをスマホやPCにつなぐ

インターネット回線を引いて、プロバイダーと契約。

すると晴れて家の中にインターネット環境が生まれることになります!

有線(LANケーブル)を使って直接パソコンに繋げば高速回線で快適にインターネットが楽しむことができるはずです。

また、無線LANとして利用するならwifiルーターを壁にあるLANポートとつなぎ、PCやスマホなどの使いたい端末とつなぎましょう。

最近ではアクセスキーなどの入力が不要で、QRコードを読むだけで繋ぐことができるルーターも人気です。

はじめてのネット環境:よくある質問リスト

無線LAN 比較

初めて自分で契約を結ぶとき、専門用語が多すぎて混乱。

よく分からないままに契約しなきゃ…という人も少なくありません。

ここではつまづきやすいポイントや、分かりにくい所に集中して答えていきます。

初めての無線LAN契約で気をつけたいこと

大体の契約は3年契約で書いてあることに注意してください!!

自分の戸建てにお住いの方は大丈夫な項目です。

しかしもし賃貸でマンションやアパートに住む場合は要注意。

賃貸契約は大半が2年契約になっています。つまり、3年契約でネット回線を契約してしまうと、次の引越しの際に違約金を取られることになります。

その違約金も大体12,000円ほどするのでよくよく注意しましょう。

月額で見ると3年契約の方が多少安く見えますが、これは罠です。2年契約のプランがこっそり隠れていますから、そちらにしておきましょう。

ご自分の賃貸契約に合わせてネット環境も整えてくださいね。

無線LANとwifiの違いってなに?

実質的には同じもので、無線LANというカテゴリの中にwifiがあると考えていただければ良いです。

無線LANと言うものの中で、特定の条件を満たした規格の名前が「wifi」なのですが、現在ではそのほとんどが規格を満たしており、ほぼほぼ同義語になっています。

WiFiは大きく分けると2種類ある

ワイファイは大きく分けると2種類あります。費用は実はあまり変わらないため、使いたい場所や使う容量の大きさで選べば良いでしょう。

①固定回線タイプ
自宅内に配置するタイプ。auひかり、ソフトバンク光、ドコモ光などの有線のネット回線と繋いで使う。
②モバイルルーター
持ち運びが可能なタイプ。wimaxなど。3日間で10ギガなどの使用制限があるが、回線工事などが不要で扱いやすい事が特徴。

固定回線とモバイルルーター(WiMAX)の比較

比較要素 固定回線 モバイルルーター
費用 ほぼ同じ ほぼ同じ
工事 あり なし
速度 ほぼ同じ(ルーターの性能が非常に良い、有線利用の場合は早い) ほぼ同じ
通信制限 なし あり(3日間で7ギガ/10ギガ)
場所 屋内 どこでも

通信制限が気になるかどうかと、使用場所で選べば問題がありません。

回線速度について、ほぼ同じと言う項目に「え?」と思った方。

固定回線の速度は「最大1GB」と表記されている事が多いです。有線で使う場合はこの数値のママですが、無線LANでの速度は使うWifiルーターによって変わってきます。

形態 速さ
携帯電話の回線 75Mbps
無線LAN 230Mbps
モバイルルーター 112Mbps
有線 1Gbps(=1,000Mbps)

Youtubeの高画質モードを快適に観るのに必要な速度は5Mbps程度ですから、どちらでも十分だと言う事がわかると思います。

無線LANがなぜ回線の速度よりも遅くなるかと言うと、結局回線と端末の間に挟むWi-Fiルーターの性能で速さが変わるからです。

さらにその速度は最速でも下り230Mbps程度。(※RBB SPEED AWARD 2015光コラボ部門で最優秀賞 so-net光の数値)

従って有線を利用するか、かなり機敏に速度を気にする(FPSなどオンラインゲーム利用がある)でなければモバイルルーターと固定回線は速度の面では差がないと考えて良いでしょう。

比較まとめ:無線LANはどこが安くてお得か?

無線LAN 比較

最安値は「auひかり」の月額実質1,017円です。

また、携帯キャリアで言うならauが最安で利用できるでしょう。

 

さらにモバイルルーターと固定回線のどちらがお得かと言うと、

au以外の携帯ならばそれぞれの提携会社の方が安く利用できます。

auの場合は、「3日間10GB上限」「有線利用なし」が気にならなければWIMAXにした方が割安です。

 

回線スピードについてはモバイルルーターを含め、有線の利用が無くWifi・無線LANとしての利用であれば各回線ともほぼ差はありません。

 

2018年の無線LAN契約について、おすすめ5選はこちらです。

記事内リンク:【2018年】無線LANおすすめ5選

 

<<関連記事>>

WiMAXおすすめ比較5選!固定回線より料金価格が安いってホント?