【年収200万】ふるさと納税のお得な活用法パーフェクトガイド

ふるさと納税 年収200万
    年収200万円前後の方向けの「ふるさと納税」のお得な活用法を徹底解説します。

1.年収200万円の方の限度額とお得さ

①ふるさと納税とは?

ふるさと納税は、簡単に言うと3つの流れに分けられます。

①私たちが地方自治体に寄付をする

②自治体がお礼の品を送ってくる

③寄付したお金が税金から控除(=免除)される

まとめると、地方自治体に寄付したお金が税金から控除されるということです。

その結果、住んでいる自治体に支払うはずの税金が他の地方自治体に支払われるような形になるから、「ふるさと納税」と呼ばれているんですね。

私たちも、払うべき税金の額はほとんど変わっていないのに※、寄付へのお礼の品を貰えるのでお得というわけです。

(※ふるさと納税の手数料として自己負担金2,000円を支払う必要があります。)

ただし、納めている税金の額によって控除される寄付金には限度があるので注意が必要です。

では、ふるさと納税を使うと年収200万円前後の方はどれくらいお得なんでしょうか?

②年収200万円の方の控除限度額表

それを考えるために、まず、控除される限度額がわかる表を用意しました。

控除される税金の限度
ふるさと納税を行う方本人の給与
ふるさと納税を行う方の家族構成
独身又は共働き 夫婦、又は、共働き+子1人(高校生) 共働き+子1人(大学生) 夫婦+子1人(高校生) 共働き+子2人(大学生と高校生) 夫婦+子2人(大学生と高校生)
200万円 18,000 10,000 7,000 2,000

(表は、必ず受ける控除(基礎控除、社会保険料控除)のみを利用したと仮定して筆者が算出)

「結構免除されるなー」と思ったのではないでしょうか?

ご自身の限度額を詳しくお知りになりたい方は、こちらの計算ツールをご利用ください。

(※計算の際には、昨年の源泉徴収票か確定申告書があると便利です。)

次は、この表を参考に、大体いくら得できるのかを計算していきましょう。

③年収200万の方は数千円もお得!

まず、自治体からのお礼の品は寄付額の50%以上の市場価値のものが多くあります。

また、「ふるさと納税」をするため手数料として自己負担金を2,000円だけ支払う必要があります。

この二つを踏まえ、お礼の品の市場価値を50%として計算すると、下の表のようになります。

ふるさと納税でお得になる額面
ふるさと納税を行う方本人の給与
ふるさと納税を行う方の家族構成
独身又は共働き 夫婦、又は、共働き+子1人(高校生) 共働き+子1人(大学生) 夫婦+子1人(高校生) 共働き+子2人(大学生と高校生) 夫婦+子2人(大学生と高校生)
200万円 7,000 3,000 1,500

(※表の値は寄付できる上限額×50%-2,000で計算しています)

なんと、ふるさと納税するだけで、数千円も得することができるということですね。

つか夫
えーー?手続きの手間とか考えたら、あんまお得じゃないんじゃないの?

その心配はありません。ふるさと納税の手続きって、実はとっても簡単なんです!

仕組みや手続きについては、こちらの記事に詳しく書いてありますので、参考にしていただければ幸いです。

【ふるさと納税】年収200万円からの控除上限額の早見表など、ふるさと納税と年収に関するお悩みに全て答えます!

つか夫
ふーん。でも、仮に手続きが簡単だったとしてもさ、返礼品を選ぶ手間ってのがあるよね?それを考慮したら、やっぱり微妙になっちゃうんじゃないの?

それはそうかもしれませんね。「数ある返礼品から気になるものを探して、組み合わせを考えて、市場価値を調べて、還元率を計算して…」なんてやってたら、日が暮れてしまいますよね。

そこで、この記事では、確実にお得な返礼品の組み合わせの例をいくつか紹介していきます。

いつもアレコレ悩んでしまうアナタ!ここでお気に入りの返礼品を見つけてはいかがでしょうか?

2.独身、共働きの方向けふるさと納税おすすめプラン

独身の方、共働きの方、共働きで中学生以下のお子さんしかいらっしゃらない方の免除される税金の限度は約18,000円です。

下の表の赤字の部分にあたります。

免除される税金の限度
ふるさと納税を行う方本人の給与
ふるさと納税を行う方の家族構成
独身又は共働き 夫婦、又は、共働き+子1人(高校生) 共働き+子1人(大学生) 夫婦+子1人(高校生) 共働き+子2人(大学生と高校生) 夫婦+子2人(大学生と高校生)
200万円 18,000 10,000 7,000 2,000

効率良く18,000円を寄付したい方には、10,000円と8,000円前後の寄付を組み合わせるのがおすすめです。

というのも、18,000円前後を一回で寄付しようとすると、あまりお得でなくなってしまうか、欲しい返礼品が見つからない場合が多いからです。

その点、10,000円や8,000円前後の返礼品は充実しています。なので、自分の好みで組み合わせが作れます。

ただ、だからと言って、5,000円等の少額のものをたくさん組み合わせてしまうと、返礼品選びや管理、手続きが大変になってしまうので、あまりおすすめできません。

まとめると、選択肢が充実していて、手間もそこまでかからない程よいバランスなのが、10,000円と8,000円前後の組み合わせであるというわけです。

ここでは、できるだけ好きな人が多くて、お得なお礼の品を紹介していきます。

それぞれのお礼の品に関係する特集ページのリンクも紹介していますので、気に入った組み合わせを自分風にアレンジしていただくというのも良いと思います。

①高還元率牛肉プラン

ふるさと納税の中には、軒並み還元率の高いジャンルというものが存在します。

似たようなお礼の品で寄付を取り合っているからですね。

そのうちの一つが牛肉であり、牛肉においては還元率は40%だとかなり低い方です。

国が発表している還元率の基準が30%であることを考えると凄いジャンルですよね。

ここでは、10,000円と8,000円の牛肉を比較し、よりお得で品質の高いお礼の品を厳選しました。

佐賀牛赤身の極みランプステーキ500g
 ふるさと納税 10,000円 おすすめ

寄付金額:10,000円

還元率:80%

発送:申込み完了後順次

公式サイトへ

『都城産宮崎牛』モモ・ウデスライス 400g×2P
ふるさと納税 8000円 おすすめ

寄付金額:8,000円

還元率:100%

発送:申込完了日から2ヵ月程度

公式サイトへ

なんと、どちらも市場価値が約8,000円という驚きの結果になりました!

100%は買うのと同じということなので、それがタダ同然で貰えるなんて最高にお得ですよね。

ここまでお得なお礼の品はなかなかないので、悩んでらっしゃる方はこれに決めてしまっても良いのではないでしょうか?

中には、人気過ぎて寄付を締め切ってしまうものもありますので、お早めに申し込むことをおすすめします。

また、お得な牛肉はまだまだたくさんありますので、お探しの方は肉を地方ごとにまとめているこちらの特集を参考にしてはいかがでしょうか?

②寿司パーティープラン

新鮮な魚介類を貰って、寿司パーティーを楽しんでしまおうというプランです。

魚介類も還元率が比較的高いのも、嬉しいポイントですね。

また、友人や家族、パートナーの方と協力すれば、ネタのレパートリーを増やしたり、お米やお酒などの寿司のお供を頼めるのでより楽しいかもしれません。

ここでは、お得でかつ色々なネタを貰えるような組み合わせの一例を紹介したいと思います。

北海道海鮮詰め合わせ3種
 ふるさと納税 10,000円 おすすめ

寄付金額:10,000円

還元率:64.2%

発送:申込み後順次

公式サイトへ

【特選!】丼ぶりごはんにぴったり! 本マグロ入りネギトロセット(6パック 数量限定) sat134    
ふるさと納税 10,000円未満 おすすめ 

寄付金額:6,500円

還元率:64.6%

発送:申込完了日から2週間程度

公式サイトへ

これはほんの一例に過ぎないので、興味のある方はこちらの魚介特集で自分にピッタリのお礼の品を見つけちゃってください!

③酒備蓄プラン

いつも飲むお酒をたくさん貰って、無難に生活費を浮かせちゃおうというプランです。

お酒の還元率は40~52%とそこそこの高さなので、普段の出費を直接抑えられるメリットがあることを考えると悪くないと思います。

上で紹介した牛肉や魚介類と組み合わせても楽しいかもしれませんね。

ビール各種
ふるさと納税 10,000円 おすすめ

寄付金額:10,000円

還元率:46~52%

発送:申込み完了後順次

ビールを貰う

発泡酒、チューハイ各種
 ふるさと納税 10,000円未満 おすすめ

寄付金額:7,000~8,000円

還元率:40~45%

発送:入金確認後2ヶ月程度

発泡酒、チューハイを貰う

また、ふるさと納税では、日本酒などの地方特産のお酒を貰うこともできます。

そちらに興味のある方は、こちらの銘酒特集をご覧ください

3.夫婦、共働き+高校生の方向けふるさと納税おすすめプラン

夫婦でパートナーの方を扶養してらっしゃる方、共働きで高校生のお子さんを扶養してらっしゃる方の免除される税金の限度は約10,000円になります。

下の表の赤字の部分にあたります。

免除される税金の限度
ふるさと納税を行う方本人の給与
ふるさと納税を行う方の家族構成
独身又は共働き 夫婦、又は、共働き+子1人(高校生) 共働き+子1人(大学生) 夫婦+子1人(高校生) 共働き+子2人(大学生と高校生) 夫婦+子2人(大学生と高校生)
200万円 18,000 10,000 7,000 2,000

10,000円を効率良くするパターンは、10,000円×1か5,000円×2のどちらかがおすすめです。

何故なら、返礼品の幅が広いため、お得なものを見つけやすいからです。

(1)寄付額10,000円のおすすめ返礼品

寄付額10,000円のおすすめ返礼品についてはこちらの記事で紹介しておりますので、参考にしていただけたらありがたいです。

【年収150万】ふるさと納税おすすめ返礼品プラン9選

(2)寄付額5,000円×2のおすすめプラン

①料亭「なだまん」のから揚げ1.1kgセット

ふるさと納税 5,000円 おすすめ

 

福岡県川崎市の料亭「なだまん」による鶏肉のからあげ1.1kgです!新鮮な国産鶏肉をうま味が感じられるように薄味で仕込んでいます。

みんなでわいわい食べるのにぴったり!寄付金額5,000円に対して還元率はなんと84%で、発送は申し込み次第順次です!

5,000円のおすすめの返礼品については、これから少しずつ増やしていこうと思っています。なので、また覗きに来ていただけたらありがたいです。

4.ふるさと納税おすすめサイト3選

ふるさと納税を扱っているサイトはたくさんありますが、ここではその中でもおすすめの3つを紹介します!

順位 サイト名 おすすめポイント
1位  

さとふる

さとふる

CMでもおなじみ!認知度、利用意向がNo.1のサイトです。

申し込みから決済までWeb上で簡単に!

控除上限額の計算もスムーズに行うことができます。

公式サイト
2位

ふるさと納税.com

ふるさと納税.com

当サイト限定の高額寄付金のプランが強みです

公式サイト
3位

noma-style.com

noma-style

ジェラートピケやメゾンドリーファーのボディケア用品など、

女性に嬉しい美容品の返礼品をさがすならこちら!

公式サイト

サイトによって、特色があるので自分にあったサイトを選んで、快適なふるさと納税ライフを送ってください!