おすすめの海外旅行保険ランキング5選!口コミや補償金額で徹底比較

海外旅行保険 おすすめ 選び方

ハワイやヨーロッパなど海外旅行へ行く際には欠かせない「海外旅行保険」。とはいえ海外旅行保険の種類は多く、「何を基準に選べばいいかわからない……!」という方も多いのでは?

そこで今回は、海外旅行保険の選び方と、補償金額といった特徴や口コミをもとに比較した人気商品をご紹介 

「クレジットカード付帯の保険でいいか」と思っている人向けに、保険会社とクレジットカード付帯で異なる補償内容も解説します。

おすすめな海外旅行保険の選び方は?

1. 選び方① 行き先や目的に合った「補償内容」で選ぶ!

海外旅行保険を選ぶ際は、旅の行先や目的に合ったプランを探すことが重要です。例えば、次のように自分の行き先や目的に合わせて選ぶようにしましょう。

A マリンスポーツを楽しむ旅行や、医療費が高額なアメリカへ行く場合

ハワイでマリンスポーツやトレッキングを楽しみたい場合、ヨーロッパでの町歩きメインの旅行と比べれば、怪我をする可能性は高くなりますよね。

またも行き先がアメリカの場合、医療費が高額になってしまうケースも。こういったときの保険は、現地での治療費用をしっかりカバーできるものを選ぶと安心です。

B 町歩きがメインの旅行や、スリが多い地域に行く場合

町歩きがメインの旅行では、スリに遭う危険性も増します。海外で日本人が最も遭いやすい被害はスリとも言われており、日本人を狙ったスリ犯もいるほど。

現地で気をつけるに越したことはないですが、町歩きを楽しむときには、万が一に備えて携行品損害費用が充実している保険プランをを選ぶのがおすすめです。

ここで注意したいのが、携行品損害は1点につき10万円までしか保証されないことが多いという点。高額なカメラなどを持って行くときは、複数の保険への加入も検討してみましょう。 

ちなみに、海外は日本と比べ治療費が高額になる傾向があるので、現地でのキャッシュレス治療に対応しているかも重要なポイントです。

2. 選び方② 「24時間電話サポートの有無」で選ぶ!

海外で怪我や病気をしたり、スリの被害などに遭った場合、現地の病院や警察と直接やりとりをしなくてはなりません

そのため、もし英語が堪能でなければ、トラブル後にも大変な思いをすることに。

国や地域によっては、対応してくれる相手が英語を喋れない可能性もあります。

言葉の面で緊急時にスムーズな対応ができるか心配な方は、24時間電話対応サービスのある海外旅行保険を選ぶと安心です。

3. 選び方③ クレジットカード付帯保険と保険会社を比較して選ぶ!

クレジットカード付帯の海外旅行保険があるから、それだけで大丈夫!」と思っているなら注意が必要!

クレジットカード付帯の保険では、治療費における限度額が50万~200万円までと、保険会社のものほど補償が手厚くないのです。

しかし、数年前にアメリカで骨折して2000万円を請求された日本人のニュースが話題になったように、海外での医療費は高額。極端な例かもしれませんが、骨折で200万円ほど請求されるケースはよくあるようです。

こうした不足分をカバーするには、1000万円ほどの治療費用が出る保険会社の海外旅行保険に入るのがおすすめ。どうしても保険料を抑えたい人は、自分が必要な補償をバラ掛けできるプランを選ぶといいですよ。

おすすめの海外旅行保険ランキングTOP5

1位:エイチ・エス損保「たびとも」

海外旅行保険 エイチ・エス損保 たびとも」

たびとも公式HP

旅行事業を扱うH.I.Sグループに属するエイチ・エス損保の「たびとも」。リーズナブルな料金とネットで申し込みが完了する便利さで人気です。

料金は格安ですが、補償内容は他社の海外旅行保険に劣らない充実ぶり。契約者特典としてWi-Fiレンタル料金の割引や、現地で使えるお得なクーポンも配布しています。 

「個人プラン」、「ファミリープラン」、「グループ旅行プラン」と3つのプランが用意されています。携行品の補償は30万円から、賠償責任も1億円で安心。

おすすめポイント

  • 治療費用の補償は1000万円~無制限!
  • 50ヶ国以上からフリーダイヤルで24時間サポートが受けられる!
  • 旅行中に破損したカバンやカメラの修理サービスを帰国後に受けることも可能!
エイチ・エス損保「たびとも」の口コミを見る

欠航による電話対応を親切にしていただきました。次回も利用させていただきたいと思います。

たびとも

 24時間対応で本当に助かりました。 病院にも前もって連絡を入れておいていただき安心でした。ありがとうございました。

たびとも

エイチ・エス損保「たびとも」
公式サイトを見る

2位:損保ジャパン日本興亜の新・海外旅行保険「off!(オフ)」

損保ジャパン日本興亜の新・海外旅行保険 off!(オフ)

off!(オフ)公式HP

損保ジャパン日本興亜の「off!(オフ)」は、オリコンの顧客度満足度調査で6年連続1位に輝いている人気の海外旅行保険。

行き先や旅行日数、必要な補償内容を組み合わせることで、自分だけのオーダーメイドプランを作成できるのが特徴です。

補償は必要なものを選ぶことができ、クレジットカード付帯の保険だけでは不安な部分をお得にカバーしてくれます。 

おすすめポイント

  • 「医療アシスタンスサービス」「事故相談サービス」「海外トラベルサポート」の3つのサポート体制を完備!
  • 怪我や病気の際は、キャッシュレス治療に対応!
  • 盗難届の提出方法のアドバイス、飛行機が欠航した際の手配代行などを日本語でサポート!
損保ジャパン日本興亜の新・海外旅行保険「off!(オフ)」の口コミを見る

「現金を支払うことなく、現地でキャッシュレスで治療が受けられました」男性(39歳)
今回の旅行で最終日に子どもの体調が悪くなり、医師に診てもらうことになりましたが、医療機関から御社に連絡をしてもらい、当方として特になにもすることがなく、診察を受けることができ、支払いも保険でカバーできているとのことで、支払うこともありませんでした。 今まで海外旅行のときにも保険は入っていましたが、今回初めて利用することになり、保険に入ることの必要性を再度認識するようになりました。

off!(オフ)

 

 「台風でなかなか飛行機が飛ばない中、帰りの便を手配してもらいました」女性(27歳)
香港で台風に見舞われた際、帰りの飛行機の件で〈海外とらべるサポート〉シンガポールオフィスの方に相談したところ大変お世話になり、感謝しています。何度かやり取りがあり、その間にも色々調べてくださっていて、無事帰国することができました。  

off!(オフ)

損保ジャパン日本興亜「off!」
公式サイトを見る

3位:ジェイアイ傷害火災「t@biho(たびほ)」

海外旅行保険 ジェイアイ傷害火災 t@biho たびほ

t@biho(たびほ)公式HP

ジェイアイ傷害火災が提供する「t@biho(たびほ)」は、なんといっても安さが魅力の海外旅行保険です。 

旅行先と年齢でリスクを細分化することで、旅行者一人ひとりに合う最適の保険料を設定

一般的な海外旅行保険では年齢ごとの料金区分は行っていませんが、「t@biho(たびほ)」では年齢が若いほどリスクが低いと見なされ、保険料率も下がります。

このように充実した補償内容を保ちつつ、安さを実現しているのが高評価◎

おすすめポイント

  • 治療費用や賠償責任に加え、弁護士費用・救急歯科治療・旅行キャンセル費用など選べる補償項目が多い!
  • 14項目から自分に必要なものを選べるので、クレジットカード付帯の海外旅行保険との併用にも◎
  • 専用アプリで、現地の安全面や医療事情、天気情報を表示できて便利!キャッシュレス治療の提携病院のマップも
ジェイアイ傷害火災「t@biho(たびほ)」の口コミを見る

今回貴社に決めた最大理由は、オプションで旅行キャンセル費用もあったからです。親族の不幸や病気で旅行キャンセルの経験もあります(もちろんキャンセル料払いました)その割に保険料が安く補償内容も他社と変わらないのでお願いしました。

t@biho(たびほ)

 予約画面が他社より見やすく、航空機遅延費用保障やキャンセル費用保険などが自由に組み合わせて値段をリアルタイムで表示される点が非常に便利でした。他社の場合、航空機遅延費用保障は、高額なパック料金でしか加入できなかったのに対し、貴社は予算に合わせて保障金額を自由に決められるのがとても魅力的でした。

t@biho(たびほ)

ジェイアイ傷害火災「t@biho」
公式サイトを見る

4位:au損保「海外旅行の保険」

au損保 海外旅行の保険

au損保「海外旅行の保険」公式HP

au損保が提供している「海外旅行の保険」は、パソコンやスマホから当日でもその場で加入できる海外旅行保険です。

治療費の補償は1500万円からなので、医療費が高額になるアメリカへ旅行する方には特におすすめ。

提携している病院ではキャッシュレス治療を行うことができるので、高額な医療費を建て替えるといった負担もなく安心です。 

日本語のサポートデスクは24時間対応しており、トラブルが起きた際の対処方法などをスタッフが丁寧に教えてくれます。

おすすめポイント

  • 旅行中に壊れてしまったスーツケースやカメラの修理サービスも、キャッシュレス対応!
  • 修理サービスは自宅まで回収、修理後には無料で自宅までお届け!
  • 提携医療機関や日本語で対応してくれる病院を検索できる、便利な専用アプリも!
au損保「海外旅行の保険」の口コミを見る

au損保「海外旅行の保険」
公式サイトを見る

5位:三井住友海上「ネットde保険@とらべる」

海外旅行保険 :三井住友海上 ネットde保険@とらべる

「ネットde保険@とらべる」公式HP

三井住友海上の「ネットde保険@とらべる」は、オンライン限定の海外旅行保険です。

プランによっては書面で申し込むより約46%もお得になるので、見積もりだけでもしてもらう価値は十分にあります。

オンラインでの申し込みによる手続きのスムーズさも、この保険が人気な理由のひとつ。また補償の請求も他社と比較して簡単に行うことができると好評です。

おすすめポイント

  • 2回目の契約からはリピーター割引が適用。保険料が5%オフに!
  • 日本語による24時間電話サービス、キャッシュレス治療サービス、スーツケース修理サービスなどサポート体制も充実!
三井住友海上「ネットde保険@とらべる」の口コミを見る

三井住友海上
「ネットde保険@とらべる」
公式サイトを見る

 おすすめ海外旅行保険の比較表

商品名

治療・
救援費用

24時間
電話サポート

特徴

エイチ・エス損保
「たびとも」

治療:
1000

救援:
1000

対応

Wi-Fiレンタル割引
現地クーポン

損保ジャパン日本興亜
off(オフ)」

治療:
1000

救援:
1000

対応

行き先と日数に合わせた
オーダーメイドプラン

ジェイアイ傷害火災
t@biho

1000

対応

現地医療情報などを網羅した専用アプリ

au損保
「海外旅行の保険」

1500

対応

帰国後のスーツケース・カメラ等の修理も
キャッシュレス対応

三井住友海上
「ネットde保険@とらべる」

1000

対応

リピーター割引5

 

海外旅行保険に関するQ&A

海外旅行保険は出発当日でも加入できる?

今では出発当日になってもオンラインで申し込みができる海外旅行保険が増えてきています。

当日の申し込みは、自宅を出発する前に済ませる必要があります。航空機遅延への補償など、当日では付けられないオプションもあるので注意しましょう。

自宅を出てから保険に入っていないことに気がついた場合は、成田空港や羽田空港のカウンターで申し込みができます。

とはいえ空港によっては取り扱う保険会社が少なかったり、選択肢が狭まることも。自分に最適のプランを選ぶためにも、海外旅行保険はできるだけ早めに準備するのが得策です。 

持病がある人でも加入できる?

オンライン申し込みでは対応していない場合が多く、まずは保険会社に問い合わせをする必要があります。

保険会社によっては持病があっても加入できるものもありますが、一般的な治療費補償では、現地で持病が悪化した際の治療費はカバーしていません。 

t@biho(たびほ)」などにある「疾病に関する応急治療・救援費用担保特約」という保障では、持病の悪化もカバーしてくれます。保証金額は一般的に300万円までとなっています。

子供のいる家族におすすめの海外旅行保険は?

子供と一緒に旅行をする場合は、海外旅行保険のファミリープランに入るのがおすすめ。一人ずつ個別に契約するよりも、家族でまとめて保険に入る方が割安になることが多いです。

赤ちゃんや子供はまだ抵抗力や体力が弱く、旅先で体調を崩してしまう可能性もあります。転んだりして怪我をするリスクも高いことから、ファミリープランは病院での治療費が手厚いものを選ぶと心強いです。

また旅行中、子供の不注意からお店の商品などを壊してしまうということも十分にあり得ます。活発な子供のいる家庭では、賠償責任補償もしっかりカバーしている保険を選びましょう

例えばエイチ・エス損保の「たびとも」が提供するファミリープランでは、タイプによって治療費用の補償が1000万円~無制限。賠償責任も1億円と手厚いです。

旅行の際は、海外旅行保険の準備を忘れずに!

海外旅行保険は渡航先や目的に合わせて、自分に合った補償内容を充実させるのが大切。子供と旅行する場合やアメリカなど医療費が高額な地域へ行く場合は、治療費の補償が手厚い保険を選ぶと安心です。

保険料をなるべく抑えたければ、クレジットカード付帯の保険を利用しながら必要な分をバラ掛けするという方法もあります。

なかには旅行当日では付帯できない補償もあるので、旅行が決まったら、なるべく早く海外旅行保険を検討するようにしてくださいね!