自動車保険おすすめ比較!保険料が5万円安くなる見積り方法【2019年9月版】

自動車保険の見積りおすすめ比較ランキング

自動車保険の請求を見ると憂鬱になりませんか?
もしかしたら今あなたは必要以上に高い保険料を払ってるかもしれません。

でもしっかり見直しすれば、自動車保険は確実に安くできるんです!

今すぐ保険料を見直しして安くしませんか?

この記事でわかること

・自動車保険を安くする方法がわかる【読む
・どの補償プランがいいか比較できる【読む
・自動車保険会社おすすめランキング読む

この記事の監修者:丸山 元
ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナーとして大手保険会社で15年、その後ファイナンシャルアライアンスに所属し勤務した経験を持つ。保険の悩みや疑問にお答えするお手伝いをします。

自動車保険を安くするポイント

自動車保険が安くなる

自動車保険ってどうしたら安くなるの?

家電を買うときに複数のお店で価格を比較するように、自動車保険も各社の価格を比較することが大事

でも1つずつ見積りを出すのはとっても面倒ですよね。

そこでおすすめなのが自動車保険の一括見積り
希望の条件を選ぶだけで、プロが自動車保険各社の料金を提示してくれます。

保険料を安くする手順

  1. 免許証・車検証・現在の保険証券を用意する
  2. こちらのサイトで必要事項・希望プランを入力し見積りを依頼
  3. 提案された中で一番安い保険会社を契約をする
でもプランや特約はどんなものを選べばいいかわからない…

そんな人のために、ここからはおすすめのプランを紹介します!

自動車保険のプラン比較!賠償・補償はどの額がおすすめ?

対人対物責任保険、搭乗者傷害保険、人身傷害保険…何をどの額にしたらいいのかさっぱりですよね。

ここでは補償額のおすすめ額を解説。この数字を一括比較サイトで設定するだけで、あなたに一番おすすめの自動車保険プランがわかります!

【自動車保険のおすすめプラン】

対人・対物 無制限
搭乗者障害 2000万円
人身傷害 無制限
車両保険 車対車+A(満額)
or
一般車両(満額)

それぞれの補償は以下で詳しく解説します。

対人・対物賠償責任保険とは?「無制限」がおすすめ

一言でいうとこんな補償

  • 誰が?:自分が被害を与えた事故相手の人
  • どんなお金?:被害額に相当する賠償額を支払う
  • 何円がおすすめ?:無制限がゼッタイ

事故を起こした場合、自分が被害を与えた人や車などのモノには相応の賠償金を支払わないといけません。

場合によっては数億円になることもあり、到底払える金額ではないので絶対に無制限で設定しましょう。

対人対物無制限の保険に入らない人はクルマに乗る資格が無いと言っても過言では無い、運転するなら必須の保険です。

搭乗者傷害保険とは?2000万円がおすすめ

一言でいうとこんな補償

  • 誰が?:事故のときそのクルマに乗っていた人全員
  • どんなお金?:事故直後に支払われる
  • 何円がおすすめ?:2000万円

人身傷害保険とちがう点は「家族以外でも補償されるかどうか」。

また、事故のときすぐに一定の額が支払われるため、すぐにお金が必要となったときでもつけておくと安心です。

同居の家族以外の人を少しでも乗せる可能性があればつけておくのがおすすめです。

人身傷害補償保険とは?無制限がおすすめ

一言でいうとこんな補償

  • 誰が?:契約者とその家族
  • どんなお金?:自分・他人の車に乗車中、歩行中に事故にあった時に支払われる
  • 何円がおすすめ?:無制限

この補償は、自分の車に乗っているときの事故だけでなく、他人の車に同乗していたり、歩行者として歩いているときに事故に巻き込まれたりしたときも支払われる保険です。

対象は保険の契約者とその家族。補償額は5,000万円程度でも基本的に足りますが、無制限でも年間数百円しか変わらないため、無制限がおすすめです。

車両保険とは?つけたほうが安心

一言でいうとこんな補償

  • 誰が?:自分の車
  • どんなお金?:事故をした時、自分の過失分を補ってくれる
  • 何円がおすすめ?:上限額

車両保険は、事故をしたときに自分の車の修理費として支払われる保険。

例えば、事故の過失割合が【自分2:8相手】で、自分の車の修理費が100万円の場合、修理費のうち20万円は自分で出さないといけませんが、車両保険を使えばその20万円を保険が補ってくれます。

完全に自分のミスでも支払われるタイプや、車同士の事故の場合のみ支払われるタイプがあり、自分の車が壊れた時の被害額の大きさを想定して付帯するのがおすすめです。

  • 無し(おすすめではない
    →車が傷ついた際に保険金がもらえない。
    もらい事故でも、少しでも自分に過失があれば、過失分は自己負担(おすすめしません)
  • クルマ対クルマ+A(中古車・旧式車におすすめ
    →車同士の事故のみ、車の修理費用が補償される。(中古車やローンの支払いが終わった車、多少の傷は気にしない場合はおすすめ)
  • 一般車両(新車・大切な車におすすめ
    →自分のミスによる単独事故でも車の修理費用が補償される(車に愛着がある場合や、ローンの支払いが残っている場合などにおすすめ)

車両保険は、補償額による保険料のちがいは少なめ。

そのため希望の種類(車対車or一般車両)で満額をおすすめします。(車種・年式によって設定できる上限額がちがいます)

あとはこの条件を入力して比較するだけだね!

自動車保険の保険料はこうして決まる

自動車保険の料金ってなんでこんなに高くて複雑なの?

自動車保険の料金は、ご使用の車種・保険の等級・車を運転する人の年齢・特約等のプランで変わります。

この中で、自分で選ぶことができるのは基本的に特約等のプランのみ。プランを上手に選ぶことが自動車保険の節約につながります。

車種・料率

簡単に言えば、「同じ車に乗っている人が、過去にどんな事故をしてきたか」で決まります。

つまり事故率の高い車は保険料が高いということ。
料率は、対人・対物・登場者・車両の4項目9段階で定められており、料率1と9では保険料が約4倍ほどに。

料率は4〜5なら一般的、それ以下は低く、それ以上は高いと言えます。自分の車の料率はこちらから確認が可能です。

例:トヨタ プリウスの料率

対人 6(少し高い)
対物 5(標準的)
搭乗者傷害 4(標準的)
車両 5(標準的)

※トヨタ プリウス(ZVW40W)の2019年の料率

トヨタのプリウスは対人の料率が高いため、保険料も標準ラインより少し高めということ。

保険料を安くしたい人は、車の買い替え時に料率の低い車を選ぶようにするのもおすすめです。

等級

等級はあなた自身の事故実績によって決まります。1〜20等級で設定されており、新規契約の場合は原則6等級から開始。

1年間事故が無ければ1等級アップ、事故をすると3等級ダウンの仕組みで、20等級に近いほど保険料も安くなります。

6等級と20等級では保険料も4〜5倍ほどの差があるため、無事故を続けることが保険の節約に繋がります。

また、1〜2等級の人は、保険会社によっては契約を断られることもあります。

等級が低い人はリセットする方法もある

等級は13ヶ月保険の契約が無いとリセットされて6等級に戻るため、事故によって等級が低くなった人は一度解約してリセットを待つのも選択肢の一つです。

もちろん、そのあいだ無保険で車に乗るのは論外。車に乗るのをガマンするか、1日保険を使うなどして13ヶ月経つのを待ちましょう。

年齢

主に運転の歴が短い若い人は、保険料も高くなりがちです。

21歳、26歳、30歳、35歳のタイミングで保険料が安くなり、年齢無制限(〜20歳)と35歳以上では保険料が3倍ほど変わることもあります。

保険料の高い20代でも一人暮らしなら保険料を安くする裏ワザもある

特に21歳未満の人は保険料が非常に高いですが、実は一人暮らしの場合のみ使える保険料を抑える方法があります。

裏ワザ

  • 親の名義で保険を契約する
  • 家族限定などの運転者限定をつけない
  • 年齢制限は一番上(多くの場合35歳以上)にする
  • 車を親名義にして車庫証明を親の家にしたまま利用する

この場合、運転者の範囲が限定されないので、別居の家族である一人暮らしの方は補償の対象になります。

一方で、年齢制限は別居の家族には適用されないため、35歳以上に設定しても20代のあなたは保険の対象になります。

保険料に影響が大きいのは運転者の年齢限定のため、このように年齢制限を最大に設定することで保険料が3分の1程度になります。

保険料まとめ

自動車保険の保険料は、車種、契約者の実績、年齢から事故の確率を算出して決められている!
→人によって条件が異なるため保険料は簡単には出ない…

保険料が簡単にはわからない上に比較が難しい自動車保険。
安く済ませるためには、複数社の見積もりを取るのが一番の近道です!

自動車保険比較表:おすすめ5社一覧

  基本補償 第三者判定の事故対応* ロードサービス 割引制度
三井ダイレクト損保 インターネット割引
ソニー損保 ソニーストア割引
損保ジャパン日本興亜 新車割引
おとなの自動車保険 インターネット割引
チューリッヒ インターネット割引

※第三者機関はJ.D.Power社の「自動車保険・事故対応満足度のランキング」を参考

自動車保険のおすすめ人気ランキング

おすすめで人気の自動車保険をランキングで紹介します。

おすすめ自動車保険1位 三井ダイレクト損保

自動車保険 比較 三井ダイレクト

インターネット申し込みで最大10,000円割引!

三井ダイレクトは、その名の通りお客さまとのダイレクト販売のため、中間コストを抑えられ、保険料が比較的安いという特徴があります。

24時間365日の事故受付、1事故ごとの専任スタッフ、充実の全国ネットワークのロードサービスで安心感と信頼性を持った自動車保険です。

三井ダイレクト損保はネットで簡単に保険料の金額が計算できるようになっていますので、気になる方はホームページで無料見積もりしてみてくださいね。

事故対応
ロードサービス
評価 ★★★★★

三井ダイレクト損保の保険料を見積り

おすすめ自動車保険2位 ソニー損保

自動車保険 比較 ソニー損保 

\Webサポート9年連続三つ星/

ソニー損保の自動車保険は保険料は走るだけなので、合理的に保険料の支払いができます。

365日即自己解決サービスとレッカー移動などのロードサービスもついて事故対応力が優れています。

事故対応
ロードサービス
評価 ★★★★☆

ソニー損保の保険料を他社と比較!

おすすめ自動車保険3位 おとなの自動車保険

自動車保険 比較 おとなの

インターネット割引が2年目以降も10,000円!

事故率の低い40~50代の保険料を割安に設定することで、保険料を節約することができます。

ALSOKの警備員が事故後すぐに駆けつけてもらえるのでより安心です。

車両保険は特約ですが、もらい事故で車両保険を使っても等級に影響しない点が嬉しいですね。

事故対応
ロードサービス
評価 ★★★☆☆

おとなの自動車保険の保険料を他社と比較!

おすすめ自動車保険4位 チューリッヒ

自動車保険 比較 チューリッヒ

ネット割引最大12,000円

チューリッヒの自動車保険は価格が安く、事故対応やロードサービスも充実しています。

無料のレッカー距離が長めで、地震や津波で車が損傷しても「車両全損時一時金」特約がある点がメリットです。

ただし補償内容として、車両保険や傷害保険を特約で付ける必要があるため、補償内容はやや物足りない印象です。

事故対応
ロードサービス
評価 ★★★☆☆

チューリッヒの保険料を他社と比較!

おすすめ自動車保険5位 損保ジャパン日本興亜

自動車保険 比較 損保ジャパン日本興亜

充実の補償で人気!

損保ジャパンの自動車保険はわかりやすいことが特徴。まず、基本補償が4つしっかり付いていて、ロードサービスや事故対応も365日抜けなく頼むことができます。

先進サービスとしてドライブレコーダーを使用した車間アラートなどの運転中のサポート機能や、もしもの時自動で通報したりALSOKがかけつけてくれるなどのサービスが付いて非常に手厚い印象。

しかし、被害者への対応が少し荒く治療費や慰謝料の支払いが渋く、被害者とトラブルになることも。

事故対応△
ロードサービス◯
評価★★☆☆☆

損保ジャパンの保険料を他社と比較!

自動車保険はなんで必要?

自動車保険は自分が事故を起こしたり、事故に巻き込まれたときに自分や相手の治療費の他、慰謝料や壊れたモノの補償を自分に代わってしてくれる保険です。

入っていないと、自分だけでなく、事故の相手や家族に迷惑がかかります。

特に自分が加害者で保険に入っていない場合、億単位の額の責任を家族も巻き込んで背負うことになることも。

名前こそ「任意保険」とも呼ばれますが、入っていない人に自動車に乗る資格はありません。

高額な賠償額の例

交通事故民事裁判例に見る人身総損害(死亡・後遺症)高額ランキング 30
人身総損害額 裁判所・判決日 被害者職業 事故時状態 事故形態 後遺症等級 過失
5億  843万円 横浜地裁
平成23.11.1
眼科開業医 横断歩行中 酩酊して道路横断中、タクシーにひかれた 死亡 60%
3億7,829万円 名古屋地裁
平成23.2.18
大学3年生 乗用車ボンネット
に伏臥
乗用車ボンネットに伏臥乗車中に走行乗用車から転落負傷した 1級1号 20%
3億6,756万円 名古屋地裁
平成17.5.17
会社員 バイク運転中 第1車線に変更した乗用車と第1車線直進のバイクが接触 1級3号 5%

出典:2013年12月9日付「保険毎日新聞」 
(※)人身総損害額には弁護士費用、遅延損害金は含まず、過失相殺前、既払い金・自賠責保険金控除前の金額

自動車保険に加入していない場合、この様に高額な損害額を実費で支払うことになります。

5億円なんて到底支払える価格じゃありませんよね?事故の際に被害者や自分、家族を守るために自動車保険が必要です。

すでに自動車保険に入っていても一括見積もりで安くなることも

実は見落としがちですが、自動車保険に入っていると、プランや特約によっては地震や津波など自然災害への補償が降りることがあります。

すでに自動車保険に入っていても、更新手続きの前に見積もりを取ってみましょう。ゴールド免許に変わったり、無事故の期間が伸びたことなどが原因で他の保険会社の方がお得になっていることも多々あります。

この機会に保険料の金額の見直しをしてはいかがでしょうか?

ネット特約限定の割引特典等もあるため、複数の保険会社のプランを一番安い状態で比較できる一括見積もりは非常におすすめ。

一括比較のサイトによってはプレゼントがもらえることもあるので、是非一度試してみてくださいね。

5万以上特するかもしれない一括見積もりはこちら

「若くて保険料の金額が高いけどなんとかしたい…」「女性でも安心の自動車保険を知りたい…」という場合は保険のプロに相談するのもおすすめ。ネットから申し込みできてより自分にあったプランを提案してもらえます。保険相談については以下で詳しく解説。

自動車保険の見直し相談おすすめ5社比較!3つのポイントで保険料を安く

○関連記事

自動車保険の特約おすすめ一覧!新車特約から弁護士特約まで徹底解説
個人で入る保険の種類をわかりやすく解説!大きく分けて3種類!

東 千秋
ガジェットと車が大好きなWebライター。これまでに買ったスマホはXperia中心に100台以上。所有する車は維持費が高額なことで有名なマツダRX-7(FD3S)。格安SIMや光回線などの自宅Wi-Fiの他、自動車保険などの車の維持費についても実体験を交えてわかりやすくお伝えします。
このライターの記事を読む

ABOUTこの記事をかいた人

ガジェットと車が大好きなWebライター。これまでに買ったスマホはXperia中心に100台以上。所有する車は維持費が高額なことで有名なマツダRX-7(FD3S)。格安SIMや光回線などの自宅Wi-Fiの他、自動車保険などの車の維持費についても実体験を交えてわかりやすくお伝えします。