【2019年10月】クレジットカード新規入会キャンペーン徹底比較13選

PayPayやLINE payのキャッシュバックキャンペーンなど、近年はキャッシュレスのお得なキャンペーンを実施に注目が集まっています。そして、クレジットカード会社もバーコード決済に対抗して目を引くような入会キャンペーンを実施しています。

10月からは、消費増税に合わせた経済施策としてキャッシュレス利用時のポイント還元が実施されています。キャンペーンを上手に活用してお得にカードを活用しましょう。

今回は、クレジットカードを作ろうと考えている人におすすめのクレジットカード入会キャンペーンを、手軽に還元がうけられる入会キャンペーンとマイルがもらえる入会キャンペーンに分けて紹介します!。

2019年10月 おすすめの入会キャンペーン比較表

2019年10月に実施しているクレジットカード入会キャンペーンの中から、おすすめのカードを7つ、条件の難易度、還元額の観点からランキングにしました。今回、選定する条件として「30万円の利用」など高額の利用金額達成が条件となるもの、抽選でのプレゼントが条件となるものは比較対象として除外しています。

キャンペーンをお得に活用するためには、入会と身の丈に合った利用で十分にメリットを受けられるカードを選ぶ必要があります。こちらで紹介しているのは、無理な条件が無いものばかりなので、参考にしてみてくださいね。

カード 最大還元金額 内容 期間
JCBカード 1.8万円分 入会・利用・モバイル決済の20%還元などで合計1.8万円分の還元
2019年12月15日まで
三井住友VISAカード&Master 1.4万円分 利用額の20%(上限12,000円)還元、マイペイすリボ設定・5万円以上利用で2,000円分キャッシュバック、他
2019年12月27日まで
リクルートカード 1.6万円分 新規入会、利用・モバイル決済の20%還元で最大16,000円分のポイント還元 未定
イオンカード 1万円分 新規入会・利用で最大1万円分のポイント還元 2019年12月2日まで
Yahoo! JAPANカード 1万円分 入会で4,000円分のポイント、利用で最大6,000円分のポイント進呈 常時開催
楽天カード 5,000円分
※プレミアムカードは10,000円分
カード新規入会で2,000ポイント、利用で3,000ポイントプレゼント
楽天プレミアムカードはさらに5,000ポイントプレゼント
常時開催
ライフカード 10,000円分 新規入会で1,000円分、利用で最大9,000円分のポイントプレゼント
2019年12月31日まで
dカード 8,000円分
※GOLDは13,000円分
入会・利用で最大8,000円分のiDキャッシュバック
※GOLDは最大13,000円分のiDキャッシュバック
未定

高額の還元がもらえる入会キャンペーン比較ランキングの詳細

1位:JCBカード

jcb normal 条件の易しさ ★★
最大還元額 18,000円
JCBカードの実施中キャンペーン一覧

  • Apple Pay、Google Payで20%還元(最大1万円)
  • 新規入会で3,000円分の還元
  • スマリボ利用・登録で最大5,000円キャッシュバック

JCBカードに入会すると、3つのキャンペーンで合わせて1.8万円の還元を受けられます。これらのキャンペーンの特徴は、「一人で複数カードを作っても対象になる」ということ。

詳しく見ていきましょう。

キャンペーンの条件・詳細※クリックすると開きます

入会キャンペーン①【1万円還元】Apple Pay、Google Payで20%還元

モバイル決済利用促進のキャンペーンとして、ジェーシービー発行のJCBカードを、Apple PayやGoogle PayのQUICPayで使うと利用額の20%が還元されるキャンペーンを実施しています。新規入会限定のキャンペーンではありませんが、還元上限額は「カード毎に1万円」なので、JCBカードを持っている人でも他のカードを作ってみると良いでしょう。期間は2019年12月15日(日)まで。

高額の還元なのに、複数エントリーOKというのも嬉しいポイントですね。

JCBのロゴが入っていても、発行会社がJCB以外の場合は対象外なので注意が必要です。

入会キャンペーン②【3千円還元】新規入会で最大3,000円分のギフトカード・キャッシュバック

JCBカードをインターネットで申し込んで新規入会すると、2,000円分のJCBギフトカードをもらうことが出来ます。期間は2019年9月申し込み完了分まで!

家族カードを同時に申し込みすると、さらに1,000円分のキャッシュバックをもらうことができます。

入会キャンペーン③【5千円還元】スマリボ登録・利用で最大5,000円キャッシュバック

新規入会申し込みの際、同時にスマリボに登録すると、1,000円のキャッシュバックを受けることができます。

さらに、2019年11月15日(金)までに6万円以上利用すると、5,000円のキャッシュバックをもらうことができます。

スマリボは手数料がかかる支払い方法なので、ATMからまとめ払いをするなど工夫して利用し、キャンペーン期間が終わったら外すなど上手に活用しましょう。

他のカードと比較して圧倒的に還元のパフォーマンスが良いJCBカードをぜひ申し込んでみてくださいね。

2位:三井住友VISAカード&Master

mitsui-sumitomo-visa 条件の易しさ ★★★
最大還元額 14,000円
三井住友カードの実施中キャンペーン一覧

  • 利用額の20%キャッシュバック(上限12,000円)
  • マイペイすリボ登録、利用で2,000円キャッシュバック

三井住友カードに入会すると、2つのキャンペーンで合わせて1.4万円の還元を受けられます。簡単な条件で高額なキャッシュバックをもらえるのがポイントです。

詳しく見ていきましょう。

キャンペーンの条件・詳細※クリックすると開きます

入会キャンペーン①【1.2万円還元】利用額の20%キャッシュバックキャンペーン

三井住友カードでは、利用額の20%ものキャッシュバックをもらえるキャンペーンを実施中です。9月2日申し込み分よりキャンペーン上限金額が増額されて、12,000円までとなりました。6万円利用すると上限まで受け取ることができる計算となります。

入会キャンペーン②【2千円還元】リボ設定・利用でキャッシュバックキャンペーン

さらに、マイペイすリボへの登録と5万円以上の利用で2,000円のキャッシュバックがもらえます。リボ払いの設定金額を利用限度額と同額にすることで、事実上の一括払いとして利用できるので、是非トライしてみてくださいね。リボ払いの仕組みがよくわからないという場合は、正しく設定しないと知らないうちに支払額が膨れ上がってしまうので、こちらは見送るのが無難です。

おまけ:抽選キャンペーン

そして、「タダチャン!」というキャンペーンも実施しています。こちらは三井住友カードの利用から抽選で10万本(最大10万円)が無料となるキャンペーンです。

抽選でのキャンペーンではありますが、高額かつ大量の当選本数があること、毎週抽選があり、当選するとアプリの通知が届くので、ほかのキャンペーンと合わせて楽しみが増えますね。

カードへの申し込み・キャンペーン詳細は公式ページをご確認ください。

3位:リクルートカード

RECRUIT CARD JCB 条件の易しさ ★★
最大還元額 16,000円
リクルートカードの実施中キャンペーン一覧

  • 入会、利用で2,000円分のポイント還元
  • 携帯料金の支払いで4,000円分のポイント還元
  • Apple Pay、Google Payで20%還元(最大1万円、JCB限定)

入会キャンペーン①・②【6千円還元】入会・利用ポイント還元キャンペーン

リクルートカードでは、新規入会と利用で最大6,000円分のポイントが還元されるキャンペーンを実施しています。

具体的には、新規入会をするだけで1,000円分、初回のカード利用で1,000円分、携帯利用料金の支払いで4,000円分のポイントをもらうことができます。

もらったポイントは、ホットペッパーやじゃらん、ボンパレモールなどのリクルートが運営するサービスで利用することが出来ます。また、ローソンなどで使えるpontaポイントに交換することもできるので、使い道が広がります。

入会キャンペーン③【1万円還元】JCB×モバイル決済で20%還元キャンペーン

さらに、JCBブランドを選択すると、JCBカードと同様にモバイル決済で最大1万円もの高額なキャッシュバックをもらうことが出来ます。

カードへの申し込み・キャンペーン詳細は公式ページをご確認ください。

4位:イオンカード

aeon card 条件の易しさ ★★★★
最大還元額 10,000円
イオンカードの実施中キャンペーン一覧

  • 入会、利用で最大10%のポイント還元

イオンカードに入会・利用すると最大で利用額の10%、1万円を上限にポイント還元が受けられるキャンペーンを実施中です。

キャンペーンの条件・詳細※クリックすると開きます

ざっくり言うと

  • 2019年12月2日(月)までの申し込みが対象
  • 2020年1月10日までの利用が対象
  • 利用額に応じて最大1万ポイントが付与される

イオンカードが実施する新規入会キャンペーンは、電子マネーWAONやJALのマイル、dポイントなどに交換できる「ときめきポイント」がもらえるキャンペーンです。

入会後の利用額によりもらえるポイント数が異なります。

利用額 もらえるポイント数
10,000円 1,000ポイント
30,000円 3,000ポイント
50,000円 5,000ポイント
100,000円 10,000ポイント(上限)

イオンカードが実施する入会キャンペーンを他のカードと比較したメリットは、ポイントの使い勝手が良いということ。

次に紹介するYahoo!カードではヤフーのサービスでしか使うことが出来ませんが、イオンカードは他のポイントに交換するなど様々な使い道があります。

5位:Yahoo!カード

yahoo card 条件の易しさ ★★★★★
最大還元額 10,000円

Yahoo!カードは、新規入会で4,000ポイント、カード利用3回まで2,000ポイントずつの合計1万円分のポイントをもらうことが出来ます。

もらったポイントは、ヤフーショッピングやヤフートラベルなどで利用することができますが、一部用途に制限があることに注意が必要です。

カードへの申し込み・キャンペーンの詳細は公式ページをご確認ください。

条件

  1. Yahoo!カードに新規入会で4,000円分還元
  2. カードを3回利用で6,000円分還元

6位:楽天カード

rakuten card master 条件の易しさ ★★★★★
最大還元額 5,000円

入会時点で2,000ポイントもらえ、1回でも利用すれば3,000ポイントもらえます。新規入会・利用で5,000円分のポイントをもらうことができます。

もらったポイントは、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天関連サービスで利用することができます。

カードへの申し込み・キャンペーン詳細は公式ページをご確認ください。

条件

  1. カードに新規入会で2,000円分還元
  2. カードを利用で3,000円分還元

7位:ライフカード

life card 条件の易しさ ★★
最大還元額 12,000円

さらに、初年度はポイント還元率が1.5倍になり、誕生月には3倍になるので、コツコツとポイントを貯めたい方におすすめ出来ます。ライフカードは、カード発行で2,000円分のポイントがもらえるキャンペーンと、5万円利用で5千円、10万円利用で1万円分のポイントをもらえるキャンペーンを実施しています。

カードへの申し込み・キャンペーン詳細は公式ページをご確認ください。

条件

  1. カードに新規入会で2,000円還元
  2. カードを5万円以上利用で最大10,000円還元

8位:dカード

d card 条件の易しさ ★★
最大還元額 8,000円
dカードの実施中キャンペーン一覧

  • 入会で1,000円分のiDキャッシュバック※GOLDは2,000円分
  • 入会翌月末までに2万円の利用で4,000円分のiDキャッシュバック※GOLDは8,000円分
  • ドコモ携帯料金をdカードで支払いで1,000円分のiDキャッシュバック
  • こえたらリボ・キャッシングリボ登録で2,000円分のiDキャッシュバック

dカードは、新規入会や利用で最大8,000円分のiDキャッシュバックをもらうことができ、ゴールドの場合は入会分と利用分がそれぞれ二倍の2,000円、8,000円となり、最大13,000円分の還元となります。

iDはローソンやセブンイレブンなどのコンビニ、マクドナルドやガストなどの飲食店、イオンなどのスーパーなど様々なところで使えるので、キャッシュバックをもらっても使う場所に困るといったことはないでしょう。

キャンペーンの条件・詳細※クリックすると開きます

入会キャンペーン①【5,000円還元】カード入会・利用でiDキャッシュバック

dカードを新規で申し込み、入会するとiDキャッシュバックが1,000円分もらえます。そして、入会翌月末までに2万円利用することで4,000円分のキャッシュバックをもらえるので、5,000円のキャッシュバックは誰でも簡単に到達出来るでしょう。

ドコモ携帯を使っていると10%ポイント還元でお得なdカードGOLDでは、還元額が2倍の10,000円となります。

なお、2万円利用でiDキャッシュバックがもらえるキャンペーンは、入会後にキャンペーンエントリーが必要なので注意が必要です。

入会キャンペーン②【1,000円還元】ドコモ携帯料金支払いでiDキャッシュバック

ドコモ携帯を使っている方は、携帯料金をdカードでの支払いに変更し、実際に支払うことで1,000円分のiDキャッシュバックをもらうことが出来ます。

さらにdカードGOLDには、限定の特典として「ケータイ/ドコモ光の利用代金の10%ポイントバック」があります。月額9,000円使うと、年に10,800ポイントもらえて年会費が実質無料となるので、ドコモを利用している方はdカードGOLDがおすすめです。

入会キャンペーン③【2,000円還元】リボ設定でiDキャッシュバック

こえたらリボ、キャッシングリボの設定とキャンペーンエントリーでそれぞれ1,000円分、合計2,000円分のiDキャッシュバックをもらうことが出来ます。

キャンペーンエントリーは、2万円利用のキャンペーンにエントリーすることで自動的に完了するので特に手続きをする必要はないでしょう。

こえたらリボは、支払額を3万円以下に設定する必要があり、繰り越されると手数料が発生することに注意が必要です。

カードへの申し込み・キャンペーン詳細は公式ページをご確認ください。

 

高額のマイルがもらえる入会キャンペーン5選比較表

クレジットカード 主に貯まるマイル カード年間維持費(税抜) 入会キャンペーンで貯まるマイル/必要利用額
ANAアメックスカード ANA 13,000円
内訳:年会費7,000円、ポイント移行コース6,000円
51,500マイル/70万円利用
ANAアメックスゴールドカード ANA 31,000円
内訳:年会費31,000円
91,000マイル/100万円利用
ANA JCBカード ANA 7,000円
内訳:年会費2,000円、10マイルコース5,000円
36,100マイル/70万円利用・ANA便搭乗
JAL VISAカード JAL 5,000円
内訳:年会費2,000円、ショッピングマイルプレミアム3000円
3,850マイル/海外・タッチ決済利用・JAL便搭乗
JAL CLUB-Aゴールドカード JAL 15,840円
内訳:年会費15,840円
10,050マイル/海外・タッチ決済利用・JAL便搭乗

マイルが貰える入会キャンペーンは、キャッシュバックやポイント還元と比較して高額の還元がうけられますが、その分多額の決済利用が必要です。

決済額がどうしても足りないときにはふるさと納税などを活用するのもおすすめ。上手に活用してお得にマイルをもらっちゃいましょう!

ANAアメックスカード

ANAアメックスカードは、アメリカンエキスプレスがANAと提携して発行するクレジットカード。発行会社のアメリカンエキスプレスとANAが提供するキャンペーンの二重取りが可能で、決済額に応じて高額のマイルをもらうことが出来ます。

二社のキャンペーンを合わせると、以下の表のように決済額に応じてマイルを獲得することができるので、自分のライフスタイルに合わせて目標にするカード利用額を決めると良いでしょう。

クレジットカード利用額 貰えるマイル
1万円 3,100マイル
15万円 6,000マイル
30万円 13,000マイル
50万円 27,000マイル
70万円 51,500マイル

※上記表には、カード入会後初回搭乗時の1,000マイル、「ANAカードファミリーマイル」登録のボーナスマイル500マイルの計1,500マイルが含まれています。

この表で分かるように、決済額に応じてマイルをもらうことが出来ます。

入会特典や入会キャンペーンの詳細を見ていきましょう。

入会特典・入会キャンペーンの詳細

アメリカンエキスプレス提供の入会特典

アメリカンエキスプレスからは、「入会ボーナス」と「カード利用ボーナス」の二つの入会特典が提供されています。

入会ボーナスと、カード利用ボーナスの二つの入会特典と決済で貯まるマイルを活用することで、合計35,000マイル貯まることになり、これだけで日本からハワイまでの特典航空券を獲得することができるんです。

入会特典①入会ボーナス

入会ボーナス特典は、ANAアメックスカードに入会すると誰でも1,000マイルが貰えるキャンペーンです。

入会特典②カード利用ボーナス

カード入会後3ヵ月以内に1万円決済で500ポイント、30万円決済で4,000ポイント、70万円決済で22,500ポイントのボーナスポイントがもらえます。利用ボーナスとは別に100円支払い毎に1ポイントの通常のポイントも貰えるので、70万円決済で34,000ポイント貰える計算です。

年会費6000円のマイル移行コースに登録することで、無制限で1ポイントを1マイルに交換することが出来るので、34,000ポイントは34,000マイルとなります。

ANA提供の入会キャンペーン(ANAカード共通)

ANAからは、「ANA便搭乗でマイルプレゼント」と「カードご利用金額に応じてマイルプレゼント」、「ANAカードファミリーマイル登録でマイルプレゼント」の三つのキャンペーンが提供されています。

キャンペーン毎に期間が設定されているので、興味がある方は早めに申し込んでしまうと良いでしょう。

入会キャンペーン①ANA便搭乗でマイルプレゼント

カード入会後のANAグループ便搭乗で1,000マイルもらえます。

対象運賃はすべてのマイル積算対象運賃で、2019年10月31日までの搭乗便が対象です。

入会キャンペーン②カードご利用額に応じてマイルプレゼント

クレジットカードの利用額に応じて、15万円~50万円なら3,000マイル、50万円以上であれば15,000マイルのボーナスマイルをもらうことが出来ます。

2019年11月30日(土)までにカード会社に決済データが届いたショッピングが対象です。

入会キャンペーン③ANAカードファミリーマイル登録でマイルプレゼント

家族でマイルを合わせて利用できる、「ANAカードファミリーマイル」に登録することで、500マイルもらうことが出来ます。

期限は2019年11月15日登録完了分。オンラインでの簡単な手続きだけでマイルが貰えるので、逃したら損!登録はお早めに。

入会キャンペーン活用の注意点

入会特典目当ての発行はOK!

入会キャンペーンで高額の還元を得られることから、誰しも考えるのは「入会特典目当てに入会していいのか」ということでしょう。

結論から言ってしまえば、入会特典を目当てにクレジットカードを発行しても大丈夫です。

クレジットカード会社は、カードの魅力を伝えるPRの一環として高額の還元がもらえる入会キャンペーンを打ち出しています。

入会特典目当てに発行したはいいけどほとんど使わないという状況は、企業努力が不足していると言うことで、継続的に使ってもらえるような施策に取り組むのはクレジットカード会社側が取り組むべき課題なのです。

ですから、「入会特典目当てに発行して今後使うかどうかは後で判断する」というのは全く問題ありません。

半年以内の解約は避けよう

ただし、キャンペーンの特典をもらってすぐ解約することは印象が悪く、今後のカード発行に悪影響をおよぼしてしまいます。キャンペーン「だけ」を目当てに発行しているとみられてしまうためです。

いくら、継続的に使ってもらうことはクレジットカード会社が取り組む問題だとは言え、キャンペーンだけを目的に入退会を繰り返している人に、新しくカードを発行したいとは思わないでしょう。

入会特典目当てでクレジットカードを発行したけどあまり活用できなそう…という場合は、半年以上の間隔をあけてから解約するのがおすすめです。

また、半年以内のクレジットカード申し込み履歴は、他のカード会社に共有されています。あまり多くのカードを申し込みしていると、多重申し込みといい、お金に困っているような印象を与え、審査に影響を及ぼします。

入会特典目当てで発行する場合は、間隔をあけて、半年以内に3枚以上のカードを申し込まないようにしましょう。

「見かけだけ」の高還元に注意

10万円以上などの高額のキャッシュバックをもらえるクレジットカードの多くは、年会費が高かったり、達成条件が厳しいなどの特徴があります。また、よくページを確認すると「抽選で〇名様」と書いてあることも…

見かけだけの高還元に注意して、入会キャンペーンがお得なクレジットカードを見つけてみましょう。このページも随時更新しているので、ブックマークしてたまに確認してみてくださいね。

まとめ

いまでは、バーコード決済の影響もあり、20%などの高額のキャッシュバックや入会するだけでポイントがもらえるなどのキャンペーンが当たり前になっています。

賢くキャンペーンを利用してクレジットカードをお得に活用してみましょう。キャンペーン情報を追いかけるのもおすすめです。

今回紹介したクレジットカードまとめ

まえたん
大学生で11枚のカードを申し込んだクレジットカードマニア。現在2枚のゴールドカードを含めて7枚のクレジットカードを保有。クレジットカードのお得な活用法に常に目を光らせる
このライターの記事を読む

ABOUTこの記事をかいた人

大学生で11枚のカードを申し込んだクレジットカードマニア。現在2枚のゴールドカードを含めて7枚のクレジットカードを保有。クレジットカードのお得な活用法に常に目を光らせる