ゲーミングPCおすすめ15選!人気メーカー価格別ランキング【2019年6月】

PCでゲームしたいけど、どんなPCを使えばいいのかわからない…

そんな人のために今回は、おすすめのゲーミングPCを価格帯別で徹底比較!

選び方も解説するので、予算や用途を考えながら自分に合ったPCを探してくださいね。

おすすめPCメーカーランキング
【1位】ドスパラ(ガレリア)
【2位】マウスコンピュータ(G-Tune)
【3位】パソコン工房(LEVEL∞)
この記事でわかること

・初心者必見!ゲーミングPCの選び方【見る
・予算別!おすすめゲーミングPC【見る

この記事の監修者:福井 晋
著者PCショップ 店員・ノートン セキュリティーアドバイザー
業界
最大手のパソコンショップでPC本体やパーツの販売、PCのトラブルや悩み相談のサポート担当。用途や予算を参考に満足できるPC選びのお手伝いをしています。

ゲーミングPCとは?

ゲーミングPCとは?普通のPCと何が違う?

ゲーミングPCとはゲームをプレイするのに特化したPCです。

野球選手でも、ピッチャーは得意だけど打つのは不得意な選手がいますよね。

PCでも「ゲームが得意なPC」、「ゲームが不得意なPC」が存在します。

ゲームに適したスペック

パソコンを構成しているパーツには「ゲームの映像を素早く、綺麗に映し出す役割」「各パーツに命令を送る役割」といった役割を持ったパーツが存在します。

ゲームの映像を素早く映し出せず、いつの間にか負けていたといったことがあっては嫌ですよね。

ゲームに適したスペックというのは、これらのパーツの性能が高いパソコンになります。

自分の用途に合わせてPCのカスタマイズができる

パソコンの通販サイトなどにいくと、各パーツを自分好みのパーツに変更してオーダーすることができます。

よりゲームに特化したPCを注文できるので、市販されていない自分好みのスペックのPCを作り上げることができます。

ゲーミングPCの選び方

ゲーミングPCの選び方

ゲーミングパソコンを選ぶうえで、重要なパーツをご紹介します。

スペック

CPU

CPUとは人で表すと頭脳に値するパーツ。

人の頭脳が「呼吸をする」「手を挙げる」と身体に命令をするように、CPUもパソコン内の各パーツに様々な命令を送ります。

CPUの種類によって、各パーツに命令を送る速さに差があります。

ゲーミングPCにおいてだと「画面を綺麗に、素早く映して!」というような命令を送る必要があるため、高性能なCPUが必要に。

ゲーミングPCでおすすめのCPUがこちらです。

CPU 性能 価格 用途
Core i3 簡単な動作の軽いゲームしかしない人向け
Core i5 コストパフォーマンスに優れたCPU
Core i7 高性能パーツを併用する、高スペックを要求するゲームの場合はこのCPU

美麗な3D映像や動きの激しいFPSのような高負荷なゲームをする人、配信をしながらゲームをする人、今はどんなゲームをするか未定でいろんなゲームをしたい人はCore i7がおすすめです。

逆に2D映像を扱うような低負荷なゲームをされる人であればCore i3でも問題ないです。

SSD・HDD

本棚や引き出しのような物を収納するスペースがあるように、パソコンでも写真や音楽・ゲームソフトを保存する容器が存在します。

SSDとHDDはどちらも写真などを保存するという役割は一緒なのですが、どちらも特徴があります。

  • SSD:読み書きの速度が速く、衝撃に強いが、大容量になると高価格
  • HDD:大容量で価格が安いが、速度は普通で衝撃に弱い

読み書きが速いというのは、パソコンの電源を入れたときの起動速度が速かったり、ゲームではロード時間が短いというメリットがあります。

速度が速くとても快適なので、SSD搭載パソコンを強くおすすめします。

メモリ

机って大きさによって一度に置ける物の量が変わりますよね。

小さな本であれば何冊も並べれますし、大きな本であれば数冊しか並べれません。

メモリも同じで、容量によって一度に開けるソフトの数が変わります。

メモリの容量が小さいと一度に開けるソフトの数も少ないですし、大きなソフトは開くことすらできなくなります。

ゲームにもよりますが、基本的にゲームは多くのメモリを消費するので8GB以上は必要です。

容量 用途
4GB 必要最低限の容量。ゲーム用途には不向き。
8GB 一般利用でおすすめの容量。ゲームでは容量不足になることも多い。
16GB ゲーム用途で最もおすすめの容量。
32GB ゲームと同時に複数のタスクをこなせる容量。価格も高価。

おすすめのメモリ容量は16GBです。

ゲームをしながらインターネットといったソフトを開いていると8GBで足りなくなる場合があります。

そのためゲーミング用途では16GBがおすすめです。

グラフィックボード

グラフィックボード(グラボ)とは、パソコンでいうと「映像を映し出す」パーツにあたります。

絵を描くのが上手い人だと、綺麗な絵を描く能力や絵を描く速度が速いですよね。

グラフィックボードも同じで、性能のいいグラボは、ゲームのような動きの激しい映像や綺麗な映像を素早く映し出せます。

低性能のグラフィックボードでゲームをプレイすると、映像が綺麗に映らない、カクカク動いてまともにゲームができないことがあります。

グラフィックボード クラス 用途
GeForce RTX 2080Ti ハイ 高解像度・高フレームレートといった最高スペックでゲームをする人向け
GeForce RTX 2080
GeForce RTX 2070
GeForce RTX 2060 ミドル 設定にもよるがほとんどのゲームがプレイ可能・コストパフォーマンスに優れている
GeForce GTX 1660 Ti
GeForce GTX 1660
GeForce GTX 1650 エントリー プレイできるゲームが限られてくるが価格が安い
GeForce GTX 1050 Ti
GeForce GTX 1050

おすすめはGTX1660・GTX1660Ti・RTX2060といったミドルクラスのグラフィックボードです。

エントリークラスのグラボでは性能不足で、3Dゲームや激しい動きのあるゲームなどができません。一方、ハイスペックなグラボは価格が一気に高価に。

ミドルスペックのグラボなら使えばほとんどのゲームがプレイ可能です。

低スペックゲーム(2Dや動きの激しくないもの)は高画質設定で、高スペックゲームなら低画質設定というように柔軟な対応が可能です。

ゲームをやるならWi-Fiも重要!

Wi-Fiが遅かったり不安定だと、ゲームをするときに様々なトラブルが発生します。

回線が不安定だと画面が固まったり、動き出したときにはすでに勝負に負けていたなんてことも。

回線でのトラブルを防ぐために、自宅Wi-Fiも合わせて考えることがおすすめです。

価格

高性能なパーツほど価格が高くなります。

価格を抑えるためにも自分のプレイしたいゲームに合わせてパーツを選び、価格を抑えるといった工夫が必要に。

予算に余裕があればとりあえず高性能なパーツを選べばいいと思いがちですが、高性能なパーツほど発熱量が上がるというデメリットもあり、一概に高性能なパーツを選べばいいというわけでもありません。

高性能なパーツを選ぶ場合は冷却パーツも高性能なものを選ぶ必要があります

ノートPCとデスクトップの違い

ゲーミングPCデスクトップとノートの違いは?メリットとデメリット

ゲーミングPCってデスクトップとノートどっちがいいの?

ゲーミングPCを選ぶ上でメリットとデメリットを紹介します。

ノートPCのメリット

  1. 液晶モニターやキーボードがついているので配線などに悩まされない
  2. 持ち運びができ、外出先や旅行先でゲームができる
  3. 置き場所が必要最低限で済む

デスクトップPCはパーツが買った後でもプレイするゲームの変化に応じてパーツを換えやすいのが大きなメリット。また、放熱性が高く熱くなりにくいため、処理能力も落ちにくいです。

ノートPCは部屋の中で場所を取らないことや、好きな場所に持ち運んで使えるのがメリットですが、デスクトップのメリットはありません。

目次(読みたいところまで移動できます)

おすすめゲーミングPC【〜10万円】

価格帯スペック比較

モデル名 GALLERIA RS5 LEVEL-M0B3-R5G-VHS FRGTZ170/A GALLERIA DJ LEVEL-M0B6-i5F-RIS
画像
CPU Ryzen 5 2600 Ryzen 5 2400G Core i5-7400 Core i5-9400F
Core i5-9400F
グラボ GeForce GTX1050 Radeon RX Vega 11 Graphics GeForce GTX1660 GeForce GTX1660
GeForce GTX1660
メモリ 8GB 8GB 8GB 8GB
8GB
記憶領域 SSD:240GB SSD:240GB HDD:1TB SSD:240GB
SSD:240GB
価格 79,980円(税抜き) 64,980円(税抜き) 76,800円(税抜き) 94,980円(税抜き)
94,980円(税抜き)

ドスパラ:GALLERIA RS5 (ガレリア):79,980円(税抜き)

このゲーミングPCのスペック表

CPU Ryzen 5 2600
GPU GeForce GTX1050
メモリ 8GB
記憶領域 SSD:240GB
価格 79,980円

このゲーミングPCの特徴

GALLERIA RS5は、人気メーカードスパラのゲーミングPCの中でも最も安いゲーミングPCです。

CPUはゲーミング向きではないRyzenを使用していますが、高いスペックを求めない場合はこのPCでも快適にゲームをプレイすることができます

このPCの口コミ・評判を見る

このゲーミングPCの口コミ・感想・評価

「多少カスタマイズしましたが注文して3日で届きました。たった3日です。前回の購入は7年前でしたが、箱のサイドパネルの取り外しがやりやすいようにネジが改良されていました。この一つをとってもメンテが楽になりました。質問事項があってサポートに電話しましたが、こちらも対応してくださった方が丁寧でネット上で図面を参考にしながら丁寧な案内をいただき即解決いたしました。ありがとうございます。」

ドスパラ

パソコン工房:LEVEL-M0B3-R5G-VHS(LEVEL∞):64,980円(税抜き)

このゲーミングPCのスペック表

CPU Ryzen 5 2400G
GPU Radeon RX Vega 11 Graphics
メモリ 8GB
記憶領域 SSD:240GB
価格 64,980円

このゲーミングPCの特徴

LEVEL-M0B3-R5G-VHSは低価格ゲーミングPCで人気のあるブランド「LEVEL∞」の中でも最低水準の価格で購入できるゲーミングPCです。

税抜き64,980円という金額はゲーミングPCの中でも最低水準といっていいでしょう。1円でも安いゲーミングPCを買いたい場合はおすすめです。

このPCの口コミ・評判を見る

このゲーミングPCの口コミ・感想・評価

筐体のデザインが思った以上に高級感がありました。
複数のアプリを立ち上げての書類作成やデジカメ画像の編集程度でしたら、SSDもIntel製のもので、HDDのものに比べ4~5倍の転送速度が出ており、十分に満足のいく作業スピードでした。
実店舗もあり、保証期間内であれば店頭サポートを受けられる安心感があり、その上で価格を考慮すると十分満足のいく買い物でした。
SSD搭載、かつOfficeなしのものは地方の量販店では数が少なく、あったとしても高額なものが多いため、一考する価値はあると思います。

パソコン工房

FRONTIER:FRGTZ170/A:76,800円(税抜き)

このゲーミングPCのスペック表

CPU Core i5-7400
GPU GeForce GTX1660
メモリ 8GB
記憶領域 HDD:1TB
価格 76,800円

このゲーミングPCの特徴

FRGTZ170/AはFRONTIERの格安ゲーミングPCです

CPUはRyzenではなく、ゲーミング向けのCore i5-7400を採用しています。SSDが非搭載である点を除けば、コスパもいいと思います

ドスパラ:GALLERIA DJ (ガレリア):94,980円(税抜き)

このゲーミングPCのスペック表

CPU Core i5-9400F
GPU GeForce GTX1660
メモリ 8GB
記憶領域 SSD:240GB
価格 94,980円

このゲーミングPCの特徴

GALLERIA DJはGALLERIA RS5よりも価格は高いですが、ゲームを快適にプレイするために必要なものが揃っているゲーミングPCです。

CPU、GPU共にRS5よりも優秀でありながら価格も抑えられています求めるスペックが少し高いゲームを遊ぶのであればこちらを購入しましょう

このPCの口コミ・評判を見る

このゲーミングPCの口コミ・感想・評価

「四国の端まで注文から到着まで2日と素晴らしい発送速度。 商品も思い描いた通りの品で、次回もドスパラ製品購入確定です。」

ドスパラ

パソコン工房:LEVEL-M0B6-i5F-RIS (LEVEL∞):94,980円(税抜き)

このゲーミングPCのスペック表

CPU Core i5-9400F
GPU GeForce GTX 1660
メモリ 8GB
記憶領域 SSD:240GB
価格 94,980円

このゲーミングPCの特徴

LEVEL-M0B6-i5F-RISは低価格ゲーミングPCで人気のあるブランド「LEVEL∞」の中でも低価格で購入できるゲーミングPCです。

ただし、メモリが8GBしかないのでスペックを求められるゲームを快適にプレイすることは難しいでしょう。

LEVEL-M0B6-i5F-RISは性能は控えめでも低価格を追求したい人におすすめのゲーミングPCです

おすすめゲーミングPC【〜15万円】

価格帯スペック比較

モデル名 LEVEL-C0B6-i5F-RIR-IeC NEXTGEAR-MICRO im610SA1-TV NEXTGEAR-MICRO im610GA1-TD LEVEL-IN7N-i7-VHX
画像
CPU Core i5-9400F Core i7-8700 Core i7-8700 Core i7-8705G
グラボ GeForce GTX 1660 GeForce GTX1060 GeForce GTX1660Ti Radeon RX Vega M GL graphics
メモリ 16GB 8GB 16GB 8GB
記憶領域 SSD:240GB HDD1TB SSD256GB SSD:250GB
価格 108,980円(税抜き) 129,800円(税抜き) 134,800円(税抜き) 139,980円(税抜き)

 

パソコン工房:LEVEL-C0B6-i5F-RIR-IeC (LEVEL∞):108,980円(税抜き)

このゲーミングPCのスペック表

CPU Core i5-9400F
GPU GeForce GTX 1660
メモリ 16GB
記憶領域 SSD:240GB
価格 108,980円

このゲーミングPCの特徴

LEVEL-C0B6-i5F-RIR-IeCは、Corei5-9400FやGTX1660といったハイスペックパーツを搭載したコンパクトサイズゲーミングPCです。

前面部に搭載してあるファンをレッド・ブルー・グリーンの色で光らせることが可能で、とてもおしゃれでかっこいいデザインのPCです。

機能面に加え、デザインにもこだわりたい方におすすめです。

このPCの口コミ・評判を見る

このゲーミングPCの口コミ・感想・評価

3タイプのケースのうちで唯一フロントに吸気用のファン(オプション)を取り付けることができます。フロントから空気を取り込んで背面から排気するというスムーズなエアフローで、ケースの冷却性能はバツグンです。

パソコン工房

マウスコンピュータ:NEXTGEAR-MICRO im610SA1-TV(G-Tune):129,800円(税抜き)

このゲーミングPCのスペック表

CPU Core i7-8700
GPU GeForce GTX1060
メモリ 8GB
記憶領域 HDD:1TB
価格 129,800円

このゲーミングPCの特徴

NEXTGEAR-MICRO im610SA1-TVはVRゲームをやりたい人におすすめのゲーミングPCです

VRゲームをPCでプレイするには普通のPCでは困難でありゲーミングPCを購入する必要があります。

この商品はVRに特化しており、VRゲームを目的にゲーミングPCを購入するのであればおすすめの商品になります。

このPCの口コミ・評判を見る

このゲーミングPCの口コミ・感想・評価

「まだ使用してからあまり日が経っていませんが、届いた日から正常に動作しています。PC本体のみの購入で、しかもPC初心者なので詳しいことは分かりませんが、PC本体が熱くなるようなこともありませんし、音もそれほど気になりません。これから大事に使っていこうと思います。」

価格.com

マウスコンピュータ:NEXTGEAR-MICRO im610GA1-TD (G-Tune):134,800円(税抜き)

このゲーミングPCのスペック表

CPU Core i7-8700
GPU GeForce GTX1660Ti
メモリ 16GB
記憶領域 SSD:256GB
価格 134,800円

このゲーミングPCの特徴

NEXTGEAR-MICRO im610GA1-TDは先ほど紹介したNEXTGEAR-MICRO im610SA1-TVの上位モデルです。

GeForce GTX1660Tiを採用したことによって、グラフィックに非常に特化したゲーミングPCに進化を遂げました

特にマザーボードは安価なチップセットB360を採用することによって、低価格化を実現していることもこのゲーミングPCの特徴になります

ゲームはグラフィックにこだわりたい性能と両立しながらできる限り安いゲーミングPCを買いたい人にはおすすめです

パソコン工房:LEVEL-IN7N-i7-VHX (LEVEL∞):139,980円(税抜き)

このゲーミングPCのスペック表

CPU Core i7-8705G
GPU Radeon RX Vega M GL graphics
メモリ 8GB
記憶領域 SSD:250GB
価格 139,980円

このゲーミングPCの特徴

LEVEL-IN7N-i7-VHXはゲーミングデスクトップとは思えないほどのスリムでコンパクトな小型ゲーミングデスクトップパソコンです。

小型でありながらUSBポートが9個(type-c含む)、ディスプレイ出力ポートがHDMI×2つ、miniDisplayPort×2つも備えている優れものです。

また、デスクトップパソコンでありながらBluetoothや無線機能も内蔵してあるため、無線子機でUSBポートを消費する心配もありません。

ゲーミングデスクトップパソコンで、できる限り設置スペースを節約したい人におすすめです。

このPCの口コミ・評判を見る

このゲーミングPCの口コミ・感想・評価

驚いたのは、このポート類の多さです。ノートパソコンよりも小さいのにこれだけの拡張ポートを装備しているパソコンはめったにないでしょう。

これでもかとモニター出力を装備している点は「Vega M使って」といっているようで気持ちがいいです。

おすすめゲーミングPC【〜20万円】

価格帯スペック比較

モデル名 GALLERIA ZT NEXTGEAR-MICRO im620GA1-SP GALLERIA GCR1660TGF LEVEL-R037-i7-XN

NEXTGEAR-NOTE i7930SA1(G-Tune)

GALLERIA ZV
GALLERIA XF
画像
CPU Core i7-9700K Core i7-9700K Core i7-9750H Core i7-8700
Core i7-8750H
Core i7-9700K
Core i7-9700K
グラボ GeForce GTX 1660Ti GeForce RTX 2070 GeForce GTX 1660Ti GeForce GTX 1080Ti
GeForce RTX2060
GeForce RTX2060
GeForce RTX2070
メモリ 16GB 16GB 16GB 8GB
8GB
16GB
16GB
記憶領域 SSD:512GB HDD:1TB SSD:512GB HDD:1TB SSD:256GB SSD:500GB SSD:512GB
価格 169,980円(税抜き) 199,800円(税抜き) 169,980円(税抜き) 189,980円(税抜き)
189,980円(税抜き)
159,980円(税抜き)
179,980円(税抜き)

ドスパラ:GALLERIA ZT (ガレリア):169,980円(税抜き)

このゲーミングPCのスペック表

CPU Core i7-9700K
GPU GeForce GTX 1660Ti
メモリ 16GB
記憶領域 SSD:512GB
価格 169,980円

このゲーミングPCの特徴

GALLERIA ZTは、ドスパラの人気ゲーミングPCです。

高性能CPUである、Core i7-9700Kを採用しているのが特徴で、SSD、HDDともにストレージが大きく非常に使いやすいモデルとなっています

このPCの口コミ・評判を見る

このゲーミングPCの口コミ・感想・評価

「PCでモニターはFHDでFF14しかプレイしていませんのでレイトレーシングはまだ必要ないと思い今回はGTX1660tiのZTを選ばせていただきました。(今後のことを見据えてCPUだけはi9-9900kに変更しています)FF14紅蓮ベンチ最高品質15000以上で以前使っていたPCが古すぎたのもありますが快適すぎて満足です!(あくまで個人的ですが余裕を持たせて電源をもう少しあげてよけばよかったかな?と思うくらいです。※現状でも問題ありません) 納期の早さにも大満足です。」

ドスパラ

マウスコンピュータ:NEXTGEAR-MICRO im620GA1-SP(G-Tune):199,800円(税抜き)

このゲーミングPCのスペック表

CPU Core i7-9700K
GPU GeForce RTX 2070
メモリ 16GB
記憶領域 HDD:1TB
価格 199,800円

このゲーミングPCの特徴

NEXTGEAR-MICRO im620GA1-SPは、高性能なCPUと高性能なGPUを同時に備えたゲーミングPCです。

SSDが非搭載であるためストレージに不安はありますが、Core i7-9700KとGeForce RTX 2070の同時搭載であれば性能に困ることはないでしょう。

ドスパラ:GALLERIA GCR1660TGF(ガレリア):169,980円(税抜き)

このゲーミングPCのスペック表

CPU Core i7-9750H
GPU GeForce GTX 1660Ti
メモリ 16GB
記憶領域 SSD:512GB
価格 169,980円

このゲーミングPCの特徴

人気メーカードスパラのゲーミングノートPCです。

ゲーミングノートPCは価格の高いものが多いですが、169,980円と比較的安くハイスペックなため、誰にでもおすすめです。

このPCの口コミ・評判を見る

このゲーミングPCの口コミ・感想・評価

「全体的には満足してます。サクサク動くし。キーボードが(慣れていないので)打ちづらいのと、CPU負荷が高くなった時のファンの音が思ったよりも大きいのが、少しだけ予想外でした。」

ドスパラ

パソコン工房:LEVEL-R037-i7-XN(LEVEL∞):189,980円(税抜き)

このゲーミングPCのスペック表

CPU Core i7-8700
GPU GeForce GTX 1080Ti
メモリ 8GB
記憶領域 HDD:1TB
価格 189,980円

このゲーミングPCの特徴

他のLEVEL∞シリーズより価格は高いですが、最高性能のGPU「GeForce GTX 1080Ti」を搭載したゲーミングPC。

SSDが非搭載でコスパは少し悪いですが、ゲームのグラフィックにこだわりたいと思っている人におすすめのゲーミングPCです。

マウスコンピュータ:NEXTGEAR-NOTE i7930SA1(G-Tune):189,800円(税抜き)

このゲーミングPCのスペック表

CPU Core i7-8750H
GPU GeForce RTX2060
メモリ 8GB
記憶領域 SSD:256GB
価格 189,800円

このゲーミングPCの特徴

G-TuneシリーズのゲーミングノートPCです。

液晶モニターが17.3インチと大きく、ゲーミングノートPCでも大画面でゲームをプレイしたいと考えている人におすすめです。

ドスパラ:GALLERIA ZV (ガレリア):159,980円(税抜き)

このゲーミングPCのスペック表

CPU Core i7-9700K
GPU GeForce RTX2060
メモリ 16GB
記憶領域 SSD:500GB
価格 159,980円

このゲーミングPCの特徴

FPSをプレイする人におすすめなゲーミングPCです。

CoDなどのFPSをプレイするにはGPU性能とメモリ容量が重要です。
GeForce RTX2060でメモリが16GBあれば、ほとんどのFPSをプレイするうえで快適にプレイできる性能であるといっていいでしょう。

同じブランドのGALLERIA XFと比較してもこちらのほうが安いので、プレイするゲームをFPSと決めているのであればこちらも検討してみてはいかがでしょうか?

このPCの口コミ・評判を見る

このゲーミングPCの口コミ・感想・評価

「ゲーミングPCを5年ぶりに買い替えました。 OS起動は爆速で、10秒とかかりません。 グラフィック処理、CPU、メモリ、どれをとっても文句無しの性能で、ゲーミングライフがめちゃくちゃ快適になりました。 最新技術であるレイトレーシングにも対応しており、さらに特典バンドルコードでCallOfDutyBlackOps4とANTHEMが無料で入手出来ました。 SSD500GB、HDD2TB、ブルーレイディスクドライブの無料アップグレードも嬉しいです。 これほどのハイスペックPCがこの値段で買える事は信じられません。 最低5年以上、可能なら10年以上は愛用していきたいです。」

ドスパラ

ドスパラ:GALLERIA XF (ガレリア):179,980円(税抜き)

このゲーミングPCのスペック表

CPU Core i7-9700K
GPU GeForce RTX2070
メモリ 16GB
記憶領域 SSD:512GB
価格 179,980円

このゲーミングPCの特徴

GALLERIA XFはパーツの構成も良くコストパフォーマンスの高いゲーミングPCです。

高いコストパフォーマンスから、現在ガレリアにおけるゲーミングPCランキング1位を獲得。

他のガレリアシリーズと比較すると価格は高いですが、高性能であるためほとんどのゲームを快適にプレイできます。

様々なゲームをプレイしたい、ゲーミングPCをとりあえず購入してみたいと考えている人におすすめのゲーミングPCです。

このPCの口コミ・評判を見る

このゲーミングPCの口コミ・感想・評価

「元々、コンシューマーゲームにてFPSをしていました。グラフィックの綺麗さについては、特に不足を感じていた訳ではありませんでしたが、やはりゲーミングPCにて本来(?)の画質で楽しむべく購入するに至りました。 結果としては、大満足です。自作するよりも断然安いお値段で、高性能なPCを手に入れることができ、また、バトルフィールド5がバンドルされているのでソフトを購入する必要もありません。パソコン上級者の方は分かりませんが、初めてゲーミングPCを購入する方はこのPCを選んでおけば間違いないのではないでしょうか。 不満な点としては、バトルフィールド5のDXR向け推奨スペックにてメモリが16Gであるのに、このPCの構成メモリが8Gであり、16Gへのグレードアップがオプションであることです。」

ドスパラ

おすすめゲーミングPC【20万円〜】

価格帯スペック比較

モデル名 GALLERIA ZG NEXTGEAR i690PA4-SP-TD NEXTGEAR-NOTE i7950SA1
画像
CPU Core i9-9900KF Core i9-9900K Core i7-9700K
グラボ GeForce RTX2080 GeForce RTX2080 GeForce RTX2080
メモリ 16GB 32GB 16GB
記憶領域 SSD:512GB SSD:512GB SSD:512GB
価格 219,980 円(税抜き) 239,800円(税抜き) 359,800円(税抜き)

ドスパラ:GALLERIA ZG (ガレリア):219,980円(税抜き)

このゲーミングPCのスペック表

CPU Core i9-9900KF
GPU GeForce RTX2080
メモリ 16GB
記憶領域 SSD:512GB
価格 219,980 円

このゲーミングPCの特徴

GALLERIA ZGは、人気メーカードスパラの高級ゲーミングPCで、最高レベルの性能を持つCore i9-9900KFを搭載しています。

GPU、メモリも優秀であり、数年後に発売されるゲームも快適に遊べるでしょう。高級ゲーミングPCをとりあえず購入したいと考えている人はこちらがおすすめです。

このPCの口コミ・評判を見る

このゲーミングPCの口コミ・感想・評価

「購入から3か月ほど使用していますが、性能については不満はありません。 4Kモニタを使用して、steam等で3Dのゲームをしていますが、処理及びグラフィック性能には満足しています。 静穏性については、通気性の観点からケースにパンチングが多くなっているため、稼働音は聞こえやすくなっています。 カスタマイズにてNVMEのSSDに変更して使用していますが、長時間使用してもフリーツールで計測して40℃程度を維持しています。 全体として満足しています。」

ドスパラ

マウスコンピュータ:NEXTGEAR i690PA4-SP-TD(G-Tune):239,800円(税抜き)

このゲーミングPCのスペック表

CPU Core i9-9900K
GPU GeForce RTX2080
メモリ 32GB
記憶領域 SSD:512GB
価格 239,800円

このゲーミングPCの特徴

NEXTGEAR i690PA4-SP-TDは、NEXTGEARシリーズの高級ゲーミングPCで、高性能なCPUとGPUに32GBのメモリが特徴です。

最新のFPSやVRゲームをプレイする場合でもこのゲーミングPCならスペック面で不安はないでしょう。

マウスコンピュータ:NEXTGEAR-NOTE i7950SA1(G-Tune):359,800円(税抜き)

このゲーミングPCのスペック表

CPU Core i7-9700K
GPU GeForce RTX2080
メモリ 16GB
記憶領域 SSD:512GB
価格 359,800円

このゲーミングPCの特徴

NEXTGEAR-NOTE i7950SA1は、G-Tuneシリーズの高級ゲーミングノートPCです。

ゲーミングノートPCで最高の性能を求める人におすすめします。

おすすめゲーミングPCまとめ

今回はおすすめのゲーミングPCを比較しました!

パーツなどによって種類も様々ですが、その分選ぶのも楽しいですよね。

用途や予算に合わせて自分に合ったゲーミングPCを選んでみてくださいね。